ワールドメイト 元・会員のブログ

宗教"法人”「ワールドメイト」(平成24年9月14日法人成立、主たる事務所静岡県伊豆の国市、代表役員半田晴久、基本財産の総額17億4174万3397円)をよく知り、理解を深め、語り合いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

撮影禁止の会場なのに撮影が許されその画像をUPまでする人物とは…?「第14回東京大薪能」開催(8月7日18時~、東京都庁都民広場)

8月になりました。深見東州教祖こと戸渡阿見ことレオナルドTOSHUこと半田晴久博士が率いる宗教団体ワールドメイトでは、毎年恒例のお盆の有料催事の開催の他に、なんと人霊を祀っている神社に半田博士が政治家とともに参拝されたという出来事まであったようです。私が在籍していた頃、人霊を祀る神社へは基本的に参拝を勧められることはなかったので、これには大変仰天いたしました。人霊を祀る神社であっても 何 か の き っ か け で(?)参拝する対象になり得ることに、「変わり続ける事だけが変わらない」というワールドメイトで教わった真理に再び触れた気がいたします。

さて、8日の前夜、東京都庁の都民広場では、半田晴久博士やワールドメイトのスタッフさんや外部協力者の方々が理事を務めるNPO法人世界芸術文化振興協会(IFAC)主催「第14回東京大薪能」が開催されました。昨年は東日本大震災の影響で中止になりましたが、今年はなんと新たに文化庁や外務省の後援も得て再開した模様です。

以下観客の方のツイートから

20120807 撮影禁止 ペイント


…他にも会場の撮影禁止に関して、観客の方々の同じようなツイートが散見できました。ですが、ワールドメイト会員のkousuke369さんは、登壇して前説を行う半田晴久博士のお姿の撮影を 何 故 か 許 さ れ、twitter上で公開までしています。


20120807 kousuke369@東京大薪能 ペイント


…投稿時間を見ると18時8分。撮影はこの数分前だとして、半田晴久博士のご登場予定時間は18時でしたので、なんと時間通りに登壇されていることになります。メルマガでも時間通りであったと触れていらっしゃいましたね。数年前のエンゼル会幹部(エンゼル会とはワールドメイト会員による組織内組織で、あくまでも別団体ということになっている。ワールドメイトに無償労働を提供する)の発信した文書によると、なんでも風水的に意味のある都庁にて能を行うこともまた「神事」なのだそうですが、宗教団体ワールドメイトで行う神事はまず時間通り開催されることはなく、開始時間まで参加者は非常に長い時間待機を余儀なくされるのに、こちらの「神事」は定時に開始というのがどうもよく分かりません…

このワールドメイト会員のkousuke369さんですが、当日の午前9時台、12時台の二度に渡って、NPO法人世界芸術文化振興協会(IFAC)の催事である「第14回東京大薪能」の告知を行っています。


20120807 kousuke369 告知1

20120807 kousuke369 告知2


…twitterアカウントを持つ現会員さん推定数千人のうち、「第14回東京大薪能」の告知をしたのは、多分この方おひとりかと思います。ちなみにブログでは、ぜんじ軍団員と思しき人物が、開催当日の天気が心配などと書いていました(部外者には当日の天気などどうでもいいことですが)。宗教団体ワールドメイトの一会員さんが、ワールドメイトの教祖とスタッフと外部関係者の方々が理事を務めるNPOとはいえ、一応が別団体であるその活動までを外部に向けて宣伝するのは、やはり珍しいことかと思います。

宗教団体ワールドメイト一会員ながら、NPO催事の開催の告知を当日2度もしたり、撮影不可のはずの画像をUPしたりするkousuke369さんですが、なんと能の開始後には退席しています。

20100807 kousuke369 プロの能楽師を凌駕





…プロの能楽師をはるかに凌駕・・・?ではこの日もプロの能楽師などよりも半田博士が演じられたほうが良かったということになりませんか。出演の協力をしてくれたプロの能楽師の方々に対して失礼な発言になりませんか。このように、半田博士を賞賛するあまりに時には他者に対して非礼なまでの発言をする割には、大事な催事中に堂々と席を外したりする、組織内であるカテゴリーに属する人々をたまたま私は知っているので、kousuke369さんもまたそのおひとりなのかとかんぐってしまいます。



以下は東京都(公式アカウントかどうかは不明)のツイートです。

20120808 tokyotto


東京都さん(?)なので撮影は許されたということなのでしょうか。動く半田晴久博士が見られます。映像はこちらからご覧ください(ニコニコ動画へのログインが必要です)


http://www.nicovideo.jp/watch/sm18560176


おととしのように博士の前説に対して「いい加減にやめろ!」などと怒鳴る観客をなくすためか、博士のお話を書き留められるよう、オリジナルのボールペンとメモが配布された模様です。

以下映像のキャプチャー画像より

20120807 ボールペン@第14回東京大薪能


この前日の6日に明治天皇を祀っている明治神宮へ、翌日8日に英霊を祀っている靖国神社へ、半田晴久博士が参拝されたことを思うと、今年の東京大薪能は特別であったと思えて参ります。











  1. 2012/08/16(木) 23:25:23|
  2. ワールドメイト関連会社・関連公益法人
  3. | コメント:40

【本日まで開催!】第19回東京国際ブックフェア いま大注目の宗教団体ワールドメイトの教祖深見東州/半田晴久博士が代表取締役を務める㈱たちばな出版と、同じく㈱ミスズが運営する「みすず学苑」が出展中!【メディアさんもいますぐ現地にGO! 】

緊急更新です。

7月5日から本日8日まで、第19回東京国際ブックフェアが東京国際展示場にて開催中です。

ここに、毎日新聞、読売新聞、夕刊フジ、NHK全国放送などで大きく報道され、いま日本で一番注目を集めているといえる新興宗教団体世界中に愛をワールドメイト深見東州教祖こと半田晴久博士とワールドメイトスタッフの笹節子氏が代表取締役、過去の一連の裁判にて陳述書を書いて活躍されたワールドメイトスタッフなどが取締役を務める㈱たちばな出版と、

ワールドメイトグループの最古の関連会社であり、深見東州教祖/半田晴久博士が代表取締役を務め、半田博士と宗教団体ワールドメイトの前身を共に立ち上げた教団最古参幹部のいわゆる「25人組」の方々などが現元取締役を務め、あのきてれつなテレビCM(放映はフジテレビ限定)や車内広告で有名な予備校「みすず学苑」を運営する㈱ミスズが、

同フェアに現在出展中です。


第19回東京国際ブックフェアの公式サイトはこちら
http://www.bookfair.jp/

会場地図はこちら
http://az30894.vo.msecnd.net/www.bookfair.jp/RXJP/RXJP_TIBF/documents/2012/TIBF12_MAP_J_omote_LQ.pdf%3fv%3d634768723060144000


㈱たちばな出版と㈱ミスズ(みすず学苑中央教育研究所)のブースはこちら

拡大してください ○してあります
20120705-08 東京国際ブックフェア


㈱たちばな出版ブースでは、なんと、手相鑑定が行われているそうです。

人であれば誰でも持つ 悩 み を正直に打ち明けて、解決策をアドバイスしてもらうのもいいでしょう。また、既婚未婚の別や年齢学歴などをわざと偽って鑑定を受け、かつて存在した占いを専門とする会社㈱アタール(代表取締役半田晴久、清算人伊藤洋子)にて鑑定師の資格を得た手相師の方々(中の人はワールドメイトのスタッフか会員)が、あなたのつく嘘をどのくらい見破ってくるかを確かめるなんていう楽しみもあると思います。

また㈱たちばな出版といえば、ワールドメイトの現元会員さんで「潮干狩り」に関わった方も多いかと思います。

また同社は係争中の相手(この場合東京都知事石原慎太郎氏)に対し、「あなたの大ファンです」と媚びる摩訶不思議な行動もとることがあります。

拙ブログをご覧のワールドメイト現元会員の方、一般人の方、メディアの皆様は是非この二つのブースの応援に出かけてあげてくださいね!



さて、出展者の「みすず学苑中央教育研究所」ですが、みすず学苑ならば、我々ワールドメイト現元会員も一般人の方々も、一度見たら忘れられないCMや広告を通じて嫌でもその存在をよく知っていますが、これに「中央研究所」がくっついた形は聞き慣れません。宗教団体ワールドメイトの教祖深見東州こと半田晴久博士が代表取締役を務める㈱ミスズが運営する予備校「みすず学苑」と「中央教育研究所」の関係性もわかりません。これは一体なのか別個なのか?まずはgoogleで「中央教育研究所」を検索をしてみました。

中央教育研究所 予測変換

予測変換には

中央教育研究所
財団法人 中央教育研究所
みすず学苑中央教育研究所


と出てきます。

検索結果は以下の通りです。

拡大できます
中央教育研究所 検索結果_convert_20120713155453



1~5位には昭和21年に東京帝国大学の教授が民間研究機関としてその前身を設立した、教育を目的とする公益財団法人「中央教育研究所」が出てくるのですが、6位以下には「みすず学苑中央教育研究所」が登場します。広告欄には1位の公益財団法人とまったく同じ名前の塾用教材販売会社が出てきます。何かしら関連や提携関係などがあるのかと思ってそれぞれのサイトを見てみますと、3者は 無 関 係 らしいことが分かります。

何故「みすず学苑」という名前ではなく、「みすず学苑中央教育研究所」という、歴史と伝統と権威のある既存の公益財団法人様のお名前と紛らわしいというか、同じお名前をくっつけた上で、問題集を販売するのでしょう。







  1. 2012/07/08(日) 11:39:49|
  2. ワールドメイト関連会社・関連公益法人
  3. | コメント:583

【これぞ証の中の証!】小沢グループが民主党を離党した 奇 し く も そ の 当 日 に公開された11年度国会議員の関連会社等報告書にて判明 小沢一郎氏が宗教団体ワールドメイト教祖とスタッフが代表取締役を務める「㈱菱法律経済政治研究所」の顧問に就任、顧問料を毎月200万受領、今年6月までの総額は約3800万円 10年度には「ワールドメイト」からも100万円受領【さすが寸分たりとも違わず神を動かすワールドメイト!】

レオナルドTOSHUこと戸渡阿見こと半田晴久博士/深見東州教祖が率いる宗教団体ワールドメイトでは、6月16日から28日明け方まで、鹿児島県にて会員限定有料催事「霧島神業」、
7月1日にはヒルトン東京(新宿)にて会員限定布教促進パーティー「JFK3000」(参加費無料、参加条件を満たす必要あり)を開催、

その間、半田晴久博士/深見東州教祖が会長(登記簿上では理事)を務め、宗教団体ワールドメイトスタッフの方々が理事を務める一般社団法人国際スポーツ振興協会(ISPS)では、今秋にISPS HANDA大会が南アフリカに進出することを発表し、宗教団体ワールドメイトのスタッフで同法人理事でもある、国税裁判元原告㈱日本視聴覚社代表取締役社長宮崎俊彦氏の夫人宮崎みどりさんがISPS側として広報しています。

ISPS Handa South African Matchplay Championship
日程:2012/10/29-11/4
場所:Zwartkop Country Club 南アフリカ共和国
賞金総額:2百万ランド(約2000万円)


これより前、5月末から6月にかけては、過去のISPS主催の国内外のプロゴルフ大会でも過去最高の賞金額となる

ISPS HANDA WALES OPEN(ISPSハンダ・ウェールズ・オープン)
日程:2012/05/31-06/03
場所:Newport, Wales, U.K.
賞金総額:180万ポンド(約2億3000万円)

20120531-0603 ISPS Handa Wales Open

がイギリス連邦のウェールズにて開催され、その翌週には



ISPS Handa PGA Seniors Championship
日程:2012/06/07-06/10
場所:De Vere Slaley Hall,Hexham,England
賞金総額:312,970ユーロ(約3100万円)

20120607-10 ISPS Handa PGA Senior Championship



日本でも同時期にISPSハンダの名前を頂くプロゴルフ大会が開催されており、

第1回 ISPS・CHARITYチャレンジトーナメント
日程:2012/06/05-06/07
場所:千葉県
賞金総額:1500万円

20120605-07 第一回ISPS・CHARITYチャレンジトーナメント



宗教団体ワールドメイトの有料催事「ジブラルタル神事」がこの直後の6月9日から10日まで英領ジブラルタルにて開催され、公称300人のワールドメイト会員が参加しました。そしてその週内にはまた日本でISPSハンダ大会があり、



ISPSグローイングシニアオープン ハンダ熱血シリーズ第1戦
日程:2012/06/14-06/15
場所:千葉県
賞金総額:500万円

20120614-15 ISPSグローイングシニアオープン ハンダ1


地球の裏側で開催された「ジブラルタル神事」が何故か一泊二日だった理由と言いますか、半田晴久博士が二つのISPSハンダゴルフ大会の合間を縫ってジブラルタルに弾丸しなくてはならなかったことが分かりますね。ISPS HANDAの各大会については改めて記事にする予定です。


さて7月2日は、宗教団体ワールドメイトのスタッフで複数のワールドメイト関連法人の理事を務める福井浩一さんが同行して伊勢神宮や三輪大社に参拝された小沢一郎議員

NNNニュース映像より
20120509 小沢一郎 控訴③

が、同志と共にとうとう民主党を離党した日でしたが、


 ま さ に そ の 当 日 、


平成23年度の国会議員の関連会社等報告書が公開され、小沢氏が宗教団体ワールドメイトの関連会社㈱菱法律経済政治研究所の顧問に就任しており、今年6月までに総額約3800万円の顧問料を得ていることが分かりました。毎日新聞が同日午後報道しています。記事は2種類あります。以下、配信時間の早い方から。


http://mainichi.jp/select/news/20120702k0000e010193000c.html
http://mainichi.jp/select/news/20120702k0000e010193000c2.html
http://mainichi.jp/select/news/20120702k0000e010193000c3.html

以下全て拡大できます
20120702 小沢顧問料1

20120702 小沢顧問料2

20120702 小沢顧問料3

小沢元代表:コンサル会社から顧問料 毎月200万円
毎日新聞 2012年07月02日 15時13分(最終更新 07月02日 15時44分)

 民主党の小沢一郎元代表が、神道系の新興宗教団体「ワールドメイト」の代表、深見東州(本名・半田晴久)氏が社長を務めるコンサルタント会社「菱(びし)法律経済政治研究所」(菱研、東京都杉並区)の顧問を務めていることが、2日に公開された国会議員の関連会社等報告書(11年度分)で分かった。複数の関係者によると、10年12月ごろに就任し、議員歳費(月約130万円)を上回る毎月200万円の顧問料を受け取っているという。来年公表分も含めた今年6月までの総額は約3800万円に上るとみられる。

 関係者によると、顧問料は10年12月から毎月末、小沢元代表の個人口座に振り込まれていた。関連会社等報告書と共に11年分の所得等報告書には「印税、出演料、顧問料、役員報酬、年金保険配当金等」の雑所得が約3002万円と記載されているが、個別の金額を書く義務はない。

 一方、10年度分の関連会社等報告書には、菱研の顧問を務めていることの記載がなく、同年分の所得等報告書には、「講演料、出演料等」の雑所得として約700万円と記載している。11年分との差額は約2300万円で、1年間の顧問料とほぼ見合っている。

 10年度分の関連会社等報告書への顧問就任の未記載は、罰則はないが国会議員の資産公開法に抵触する恐れがあり、毎日新聞が6月28日に小沢元代表の事務所に対して文書で質問したところ、事務所側は「事務的なミス」として未記載を認め、報告書を同日訂正した。

 菱研は会員制コンサルタント会社として91年7月に設立。信用調査会社やホームページによると、4800人余の会員がおり、会費収入などで年間3億円超の売り上げがある。

 ワールドメイトは静岡県伊豆の国市に本拠を置き、ホームページによると信者数は約7万人。91年に宗教法人の認証を得るため静岡県に申請したが認められなかった。

 毎日新聞の取材に小沢元代表の事務所は顧問料の額などについて「コメントする立場にない」としている。菱研は「顧問に就任していただいた。弊社会員のパーティーで講話をいただいている」と文書でコメントした。【杉本修作、山田毅】

◇事実上の政治献金

岩井奉信・日本大学教授(政治学)の話 顧問の対価としては、金額が極めて不自然。事実上の政治献金ととらえられても仕方がない。関連会社等報告書は、企業・団体との特別な関係を明らかにしようというのが法律の趣旨だが、罰則やペナルティーがないため、記載漏れが繰り返される。小沢元代表は「政治資金はすべてオープンにしている」と言うが、それならばこうした報告書も記載すべきだ。





http://mainichi.jp/select/news/20120702k0000e010200000c.html
http://mainichi.jp/select/news/20120702k0000e010200000c2.html
http://mainichi.jp/select/news/20120702k0000e010200000c3.html

以下全て拡大できます
20120702 事務的ミス1

20120702 事務的ミス2

20120702 事務的ミス3

小沢元代表に顧問料:報告書を即日訂正…「事務的ミス」
毎日新聞 2012年07月02日 15時29分(最終更新 07月02日 15時38分)

 民主党の小沢一郎元代表に対し昨年、議員歳費を超える額の顧問料が東京都内のコンサルタント会社から支払われていることが、関係者の話や2日公開の「関連会社等報告書」(11年度分)などから分かった。企業・団体からの政治家個人への「寄付」は禁じられているが、「顧問料」には上限額を含めて規制はない。ただし、元代表は昨年公表の報告書に顧問就任を記載せず、毎日新聞の指摘を受け即日訂正した。【山本将克、町田徳丈】

 小沢元代表が顧問に就任したのは、神道系の新興宗教団体「ワールドメイト」の代表、深見東州(本名・半田晴久)氏が社長を務める東京都杉並区のコンサルタント会社「菱(びし)法律経済政治研究所」(菱研)。

 毎日新聞は6月28日、小沢元代表の事務所に顧問就任の経緯や時期、顧問料などの質問状をファクスで送付。元代表の事務所はその日のうちに、衆議院事務局に対し昨年公表した関連会社等報告書を訂正し、遅くとも11年4月1日時点で菱研の顧問に就いていたことを明らかにした。

 ただし毎日新聞の取材では、顧問料は10年12月ごろから支払われていた。このため10年分の「所得等報告書」に顧問料を加算しなければならない可能性もあるが、これについての訂正はなかった。

 元代表の事務所は6月29日、質問状に対し「顧問については12月末時点での状況を記載するものと認識していたが、確認したところ4月1日時点での状況を記載するものと判明した。事務的ミスによるもので直ちに報告書を訂正した」と文書で回答。他の質問項目への言及はなかったことから再回答を求めたところ「他の質問は事務所としてコメントする立場にない」とした。

 一方、小沢元代表は今年1月、深見氏が本名で司会を務めて各界の著名人らと毎回対談するBS放送のテレビ番組に出演。「責任を持つ立場になったら筋道を通さなきゃいかんと思いますが、日本社会全体に欠けている」などと持論を展開した。

 深見氏は「政治にはカネがかかる。純粋に寄付し応援し、という人もたくさんいる」などと発言。対談はDVDに収録され、その後、深見氏の講演会で、自身や元代表の写真が載ったDVD販売用チラシが配布された。

 菱研は広報担当を通し「社名の通り、法律や経済や政治を学べる機会を設け、各界の方にご教授賜っている。その中で、生きた政治を大所高所から学ばせていただくには小沢先生が良いのではないかといろいろな方から推薦があった。就任時期や顧問料は個人情報につき回答は控えさせていただく。小沢先生には弊社会員のパーティーでの講話や定期的にお話をうかがうなどのご活動いただいているが、選挙活動に関わったりはしていない。今後も小沢先生に幅広くご教授賜りたい」とコメントした。

◇関連会社等報告書と所得等報告書

 関連会社等報告書は、4月1日時点で法人・団体の役員や顧問など報酬を得る役職に就任している場合、法人名や職名などを記載する。所得等報告書は、前年1年間(1~12月)の所得を「給与所得」や「雑所得」などとして報告。いずれも国会議員資産公開法で毎年の提出が義務付けられている。




「顧問料」記事は英文にもなって配信されています。

http://mainichi.jp/english/english/newsselect/news/20120702p2a00m0na015000c.html

拡大できます
20120702 ozawa receiving

Ozawa receiving uncommonly high 'adviser's fee' from consulting firm

Former Democratic Party of Japan (DPJ) chief Ichiro Ozawa has been receiving an unusually high advisory fee from a Tokyo-based consulting firm, according to newly released reports on legislators' involvement with corporations for fiscal 2011.

Multiple sources say that Ozawa was appointed adviser to B.C. Consulting Co. run by Haruhisa Handa -- who goes by the name Toshu Fukami, and is the leader of Shinto-influenced religious group Worldmate -- around December 2010, receiving 2 million yen per month as a "consultancy fee." The amount exceeds the 1.3 million yen monthly salary Ozawa receives for being a Diet member, and is deposited to his personal bank account.

Legislators' income reports for fiscal 2011 were also released on July 2, and Ozawa's showed that he had earned a total of some 30.02 million yen in miscellaneous income "including through royalties, appearances, consultancies, board members' pay, pensions and insurance dividends."

Paperwork released for fiscal 2010, however, had not noted that Ozawa was serving as an adviser to B.C. Consulting, and his miscellaneous income that year was listed at approximately 7 million yen.

The difference between Ozawa's miscellaneous income in fiscal 2011 and fiscal 2010 is about 23 million yen, which is about the equivalent of a year's consultancy fees that Ozawa is said to have received from B.C. Consulting.

While Ozawa's failure to indicate his relationship with the consulting company in the fiscal 2010 reports carries no penalties, it may violate the Act on Disclosure of Diet Members' Assets. Asked by the Mainichi Shimbun about the omission on June 28, Ozawa's office said that it had been an "administrative mistake," and corrected the error in its reports that day.

B.C. Consulting was set up as a members-only consulting firm in July 1991. Credit research firms and the company's website say the company has over 4,800 members, and sales of over 300 million yen through members' fees and other sources.

The religious group Worldmate, meanwhile, is based in Izunokuni, Shizuoka Prefecture, and boasts some 70,000 followers. The organization applied to the Shizuoka Prefectural Government for religious corporation status in 1991 but was unsuccessful, and has yet to acquire official status.

According to fiscal 2010 political fund reports, Ozawa's political body sold 1 million yen in party tickets to Worldmate at a fundraiser in December that year. Ozawa's office declined to comment on the issue, telling the Mainichi Shimbun that it was not in a position to do so. Meanwhile, B.C. Consulting told the Mainichi in writing, "We asked (Ozawa) to become our adviser so that we can learn about the state of living politics. He gives lectures at parties for our members."

Tomoaki Iwai, a political science professor at Nihon University, however, says the high fee Ozawa is receiving for his services is odd.

"As remuneration for an advisory position, the amount is anomalous. It wouldn't be far-fetched to interpret the money as being, in effect, a political contribution," he said. "While the release of these reports is mandated by law to shed light on any special ties between politicians and corporations or organizations, the findings are not subject to any punitive measures, allowing repeated omissions. Ozawa insists that he's open about his political funds. If that's the case, then he must include all information in his reports."

July 02, 2012(Mainichi Japan)




毎日新聞のこのスクープを追うように、2日夜には読売新聞もこのニュースを配信しています。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120702-OYT1T00961.htm

拡大できます
20120702 事務的ミス 読売新聞

小沢氏が会社顧問就任を記載漏れ「事務的ミス」

 小沢一郎・元民主党代表が2011年1月、宗教団体「ワールドメイト」の代表が社長を務める東京都内のコンサルタント会社の顧問に就任しながら、同年7月に公表された関連会社等報告書にその事実を記載していなかったことがわかった。

 小沢事務所は昨年公表分の同報告書を先月28日付で訂正した。

 国会議員資産公開法は、毎年4月1日時点で、報酬を得ている会社名や役職名などを同報告書に記載するよう義務づけている。小沢氏は今月2日に公表された今年4月時点の同報告書には顧問就任の事実を記載していた。

 小沢事務所は「報告書には前年の年末時点の状況を記載するものと誤解していた。事務的なミスだ」とし、顧問料については「コメントできない」としている。

(2012年7月2日19時09分 読売新聞)




また翌3日には、ワールドメイト教祖深見東州こと半田晴久博士や、博士と共にワールドメイトの前身を立ち上げたワールドメイト最高幹部の方々が現元取締役を務める関連会社㈱ミスズが運営する予備校「みすず学苑」のあの印象的なテレビCMが毎年春に放映され、かつては同学苑長の半田博士の連載を掲載し、半田博士とワールドメイトスタッフなどが理事を務めるNPO法人 世界芸術文化振興協会(IFAC)が主催する「東京大薪能」(おととしまで毎年夏に一度、半田博士が教授の資格を持つ「宝生流」が舞台を務めた。会場は都庁前広場やお台場の都の公園など。昨年は震災を理由に開催なし。今年の開催は不明だが、都庁前広場の使用許可は申請していない模様)の後援をしてその様子を翌日の一面に写真付きで掲載し、IFACの他の催事にも協力、茨城県の海岸にあるワールドメイトの有料催事用会場(不動産登記簿上の所有者は半田晴久)に対する行政指導を一度は報道したものの た っ た 一 週 間 ほ ど で 謎 の 削 除 をして、それをIFAC関連の記事に差し替えるなど、 大 変 友 好 的 な 関 係 にあると思われるフジサンケイグループのZAKZAK紙までもが、このニュースを配信しています。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120703/plt1207031129006-n1.htm

拡大できます
小沢氏の離党日にまた“爆弾”サク裂!新興宗教と神社めぐり+-+政治・社会+-+ZAKZAK_convert_20120705160207

小沢氏の離党日にまた“爆弾”サク裂!新興宗教と神社めぐり
2012.07.03

 小沢一郎元代表ら衆参議員50人が民主党を離党した2日、小沢氏の「政治とカネ」の問題がまた報じられた。神道系の新興宗教団体関連会社から毎月200万円の顧問料を受け取っていたが、昨年公表の「関連会社等報告書」(2011年度分)に就任を記載していなかったというもの。この宗教団体、小沢氏の不可解な「神社巡り」にも関係があるとされる。

 小沢氏が顧問に就任していたのは、神道系の新興宗教団体「ワールドメイト」代表の深見東州氏が社長を務める東京都杉並区のコンサルタント会社。

 毎日新聞2日夕刊によると、小沢氏は10年12月ごろに顧問に就任し、議員歳費(月約130万円)を上回る毎月200万円の顧問料を受け取っていたという。来年公表分も含めた今年6月までの総額は約3800万円に上るとみられる。

 ワールドメイトと小沢氏の関係については、陸山会事件で5月9日、検察官役の指定弁護士が、小沢氏の控訴方針を決定した直後、週刊新潮(5月24日号)も報じている。

 小沢氏はGW中、大阪府の住吉大社や、奈良県の大神大社、三重県の伊勢神宮などを続けて参拝した。新聞各紙はこの神社巡りについて「打倒野田」「復権期した」などと報じたが、同誌は「コンサルタント会社の社員が日程調整した」「神社巡りも、教組の勧めのよう」と報じたのだ。

 民主党に離党届を提出して、連合などの有力支持団体を失った小沢グループ。信者数約7万2000人という同団体が、小沢新党の選挙戦を支えることになるのか。




「離党日に爆弾サク烈」とはフジサンケイ様は上手く仰るものですが、これも神を動かす(過去の裁判のWM側陳述書によるとそうらしい)ワールドメイトだからなのです。毎日新聞様の記事には後日別記事にて検証させていただきたく思います。


さて、ワールドメイトスタッフが運営するブログで、

菱研は小沢一郎と関係があっても、ワールドメイトからは小沢に支払われていない

という嘘を強弁しています。商業法人菱研だけではなく、非営利で非課税で、会員(信者)から得ている会費と玉串(寄付)が収入のメインである宗教団体ワールドメイトも小沢一郎議員に政治資金を支払っている事実は、ワールドメイトに関する資料集の中で最も信頼できる「ワールドメイトの実態」内で既報ですが、拙ブログでも一応証拠をUPしておきます。


平成22年度 小沢一郎政経研究会収支報告書
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/111130/2126000025.pdfより

以下全て拡大できます
h22 小沢一郎政経研究会 収支報告書

P13
h22 小沢一郎 収支報告書 p13

h22 小沢一郎 収支報告書 宣誓書

h22 小沢一郎 収支報告書 監査報告書














  1. 2012/07/05(木) 18:04:04|
  2. ワールドメイトの政治活動/献金先の政治家
  3. | コメント:66

拡散希望!! 6月27日(水)午前10時~午後4時 緊急実施:無料 ”霊感・開運商法・占い被害110番” / 紀藤弁護士が紹介する、ワールドメイト被害者による紀藤新著書評

以下、紀藤正樹弁護士のツイッターとブログより転載


2012.06.22
拡散希望!! 6月27日(水)緊急実施:無料”■霊感・開運商法・占い被害110番””■高額美容医療110番”同時開催のお知らせ #オウム #アレフ #統一教会 #神世界 #霊感商法 #マインドコントロール 6月22日更新

僕が所属する第二東京弁護士会消費者問題対策委員会の主催による110番です。

相談料は無料です。
この機会にぜひどうぞ!

ちなみに、来る6月27日は、1994年に、オウム真理教(=アレフ)が引き起こした松本サリン事件が、死者7名を出した、まさにその命日となります。被害者遺族の悲痛な叫びを聞いた松本サリン事件の悲劇から18年目となります。

⇒松本サリン事件とは?




第二東京弁護士会ひまわり | 霊感・開運商法・占い被害110番のお知らせ


霊感・開運商法・占い被害110番のお知らせ


除霊・開運祈祷・占い・開運商品(数珠等)などで高額な費用を請求されお悩みの方を対象に無料相談会をおこないます。

【実施日時】


 2012年6月27日(水)10時~16時



【電話番号】

 ※電話相談当日(6/27)のみの臨時番号です。
 

  TEL : 03-3504-8115



詳しくは下記リンクのPDFファイルをご参照ください。

霊感・開運商法・占い被害110番のお知らせ

20120627 霊感被害110番
(※ 拡大できます)






※報道機関の方へ

被害者の泣き寝入りを許容する社会にしないためにも、この情報を、広く報じてくださいますようお願いします。







…だそうです。拙ブログもささやかながら拡散に協力させていただきたいと思います。

一年に一度(だったと思います)のチャンスですので、皆様この機会をご利用になってはいかがでしょうか?



また紀藤弁護士がこの情報と同日に、以下のツイートを行っています。


20120623 マインドコントロール


弁護士 紀藤正樹 Masaki kito
‏@masaki_kito

ワールドメイト被害者による僕の本の紹介⇒「マインドコントロール すぐそばにある危機」紀藤正樹著 http://blog.livedoor.jp/mendori99/archives/cat_10030615.html サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト」入門 私の知りうる限りにおいて、この本は破壊カルトのマインドコントロール犯罪対策・予防の決定版




…私も尊敬している先輩ブロガー雌鳥ブラスバンド氏を、紀藤正樹弁護士が


 ワ ー ル ド メ イ ト 被 害 者 


として2万5千人のフォロワーの方々に紹介しています。ワールドメイトに被害者はいないというのが教団側の一貫した主張ですが(http://www.worldmate.or.jp→よくある質問)、

日本における宗教問題・消費者問題の第一人者紀藤弁護士は、ワールドメイトには被害者が存在するという考えでいらっしゃると私は解釈しました。

雌鳥氏ブログ記事も皆様是非お読みください。


2009年度の霊感商法110番の結果はこちらです。















  1. 2012/06/26(火) 19:21:38|
  2. 関係者ブログ・twitterウォッチング
  3. | コメント:600

【緊急更新!】小沢と「蜜月」ワールドメイトの資金力 2012年5月 雑誌FACTA【3年ぶりのメディア報道】

5月になりました。深見東州教祖ことレオナルドTOSHUこと戸渡阿見こと半田晴久博士が率いる宗教団体世界中に愛をワールドメイトでは、このゴールデンウィーク前半には


いよいよ深まり、今度は開き切るぞ 霧島びらき神業

★ 災いを火で焼き切る・彦火火出見になれる神事!
★ 霧島 秘鍵開示会「上級篇」
★ 大地の神・ガイアがすべてを豊かにならす神事
★ 苦を解放し、発展と繁栄をもたらすクロノス神事!!
★ 霧島54柱の神々を連れてくる!役小角・アロン神事
★ 冥府魔道を守る神ハデスが呪いを打ち砕く神事!
★ 富と繁栄と誉れが授かるヒュドラ祈願

(それぞれ各式階は3000円以上~1万円以上、5万円以上まで)




後半には


霧島の神ふるい立つ 世界恐慌打破のゴールデンウィーク神業

「大救霊」「特別大救霊、井戸霊・木霊篇」
★2012年5月3日(木・祝)~4日(金・祝)
★本会場:ベルサール新宿グランド
★全国一斉に衛星放送でお届けします!

第1段階・・・5千円以上ご随意
第2段階・・・1万円以上ご随意
第3段階・・・2万円以上ご随意
第4段階・・・3万円以上ご随意
最終段階・・・5万円以上ご随意
申込者全員に「不動明王の邪気払いボールペンが授かります。



「先天の星差しかえ神徳祈祷」

★2012年5月5日(土・祝)~6日(日)
★本会場:ベルサール新宿グランド

★「星さしかえ」は特別に10万円以上ご随意までの式階が許されています。


(※下線部は元・会員 参考資料平成15年(2003年)5月19日半田晴久陳述書、同年7月29日半田晴久証人尋問内の主張はこちら






…といった、宗教団体ワールドメイト以外では世界のどこでも受けられない、会員だけが神にお許しを頂いた、世にも有難き公式(有料)催事が開催されていますが、その


    証(あかし)


なのでしょうか、

週刊新潮様が現在では宗教団体ワールドメイトの複数の関連法人に理事として就任している歌手の小林旭氏との関係を記事にされて以来、およそ3年ぶりとなる、一般メディア様によるワールドメイトに関する報道が昨日ありました。


以下の通りです。


拡大できます
小沢と「蜜月」ワールドメイトの資金力:FACTA+online_convert_20120505093818


小沢と「蜜月」ワールドメイトの資金力
2012年5月号 POLITICS
PRINT
SHARE

201205_079_1 深見東州教祖
深見東州教祖


民主党の小沢一郎元代表と新興宗教団体の関係が注目されている。発端は1月3日と10日に2週連続放送されたBS11の「サクセス登龍門」という番組に小沢氏がゲストで出演したこと。ホスト役は半田晴久氏という御仁だが、半田氏には深見東州という別名があり、永田町では名の知られた人物である。というのも深見氏は新興宗教団体「ワールドメイト」の教祖であり、同教団は2010年12月に小沢氏の政治団体のパーティー券を購入するなど、小沢氏の新たなスポンサーと噂されているのだ。番組では、深見氏の質問に小沢氏が終始ニコニコ顔で応じていたのが印象的だった。

同教団のホームページによると、深見氏は「現代の弘法大師」「21世紀のレオナルド・ダ・ヴィンチ」とも言われる「純粋で優しく、万能で天才的な方」だそうだ。同教団は「天照皇大御神をはじめ、八百萬の神々を崇敬する神道系宗教団体」。総本部は静岡県伊豆の国市で、11年7月現在の会員数は約7万2千人。日本全国に183カ所の支部があり、米国、英国など世界にも10カ所の支部を持つという。

インターネットなどによると、同教団は神社としての宗教活動のほか、全国の神社参拝、エンターテインメント的な要素が強い講演会、先祖供養や救霊、コンサートなどの芸術活動、チャリティーなどの慈善事業などを行っているという。

一方、週刊誌などでは、深見氏にセクハラされたという元女性会員による訴訟が起きたり、別の元会員からは財産を奪われたと損害賠償請求をされたり、逆に、宗教法人の認証を与えない監督官庁の静岡県を訴えるなどたびたび取り上げられてきた。

同教団が小沢氏の政治団体「小沢一郎政経研究会」の政治資金パーティー券を購入したのは10年12月1日。金額は100万円で、収支報告書には同教団の代表者として半田氏の名前が記載されている。

小沢氏と深見氏の出会いは数年前で、2人の関係が永田町で初めて話題になったのは11年1月のことだった。小沢氏が信心深いという話はついぞ聞かない。その小沢氏が、10年末から突然、神社仏閣参りをした。「親しくしている深見氏に勧められたからではないか」と、永田町では囁かれた。

10年末から11年正月にかけて小沢氏は川崎大師や熊野本宮大社などを参拝。1月5日には東京・台東区の下谷神社、文京区の湯島天神をはしごした。川崎大師は厄除けで有名だが、小沢氏は密教儀式の護摩に参加したという。小沢氏が神社仏閣を参拝するのは珍しく、「自分の裁判のことを神頼みしたのではないか」と揶揄する向きもあった。

なお同教団は小沢氏のほか、国民新党の政治資金団体にも3千万円献金している。国民新党前代表の亀井静香氏が深見氏と親しいという。長引く不況の中、年間2千万円を超える大口献金企業・団体は前年の17から7に激減したが、同教団は1位の日本自動車工業会、2位のトヨタ自動車、3位の日本電機工業会、4位の日本鉄鋼連盟といった日本を代表する企業や団体に伍し、5位にランクインしている。

本誌の取材に対してワールドメイトは「小沢先生から生きた政治を学びたいと思い、(パーティーに)勉強しに行かせていただいたもので、選挙応援等は行っていない」と答えている。





…FACTA様が昨日5月4日の午後1時過ぎにtwitter上で上記記事の公開を告知されたところ、あっという間に10人以上の方々によってRTされ現在も絶賛拡散中であり、


20120504 factaonline



gooニュース様もこの記事を取り上げられ、

http://news.goo.ne.jp/article/facta/politics/20120504-02-00-facta.html

これをワールドメイトの現元会員ブロガーよりも早く一般人ブロガーの方々が既に取り上げていて、

既存のメディア様によってワールドメイトの素晴らしさが社会に広く伝えられるのは、前述しましたが週刊新潮様以来3年振りのことであり、大変感慨深いです。

さてFACTA様の記事の内容ですが、拙ブログ次記事にて検証させていただきます。








  1. 2012/05/05(土) 17:12:17|
  2. ワールドメイトに関する報道
  3. | コメント:27
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。