ワールドメイト 元・会員のブログ

宗教"法人”「ワールドメイト」(平成24年9月14日法人成立、主たる事務所静岡県伊豆の国市、代表役員半田晴久、基本財産の総額17億4174万3397円)をよく知り、理解を深め、語り合いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【速報!】神世界「教祖」逮捕!逃亡資金1000万円以上を持ち関係者が契約したマンションに潜む算段をつけていた 容疑に対しては否認

大反響をいただきました前記事

【直近重要ニュース特集1】 急展開!霊感商法の「神世界」の教祖と最高幹部会議メンバーに対し、詐欺罪より重い「組織犯罪処罰法」違反容疑で逮捕状 他

http://motokaiinn.blog37.fc2.com/blog-entry-336.html


の続報になります。逃亡中の「教祖」が昨日逮捕されました。



http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110913k0000m040153000c.html

神世界:「教主」を組織的詐欺容疑で逮捕 

有限会社「神(しん)世界」(山梨県甲斐市)グループの霊感商法事件で、神奈川県警は12日、グループトップで「教主」と呼ばれた同社役員の斉藤亨容疑者(53)を組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は04~06年、東京都内の傘下のサロン経営者らに指示し、祈願代名目などで顧客5人から計1340万円をだまし取ったとしている。斉藤容疑者は「全く身に覚えがない」と否認しているという。

 県警は8月17日、グループ幹部4人の逮捕状を取り、今月1日までに2人を逮捕。斉藤容疑者の行方を追っていたが、大阪市内の短期賃貸マンションで発見し、身柄を確保した。所持していたスポーツバッグに、多額の現金が入っていたという。同社役員の女(70)は所在不明になっている。事件ではこのほか、サロン経営者ら4人が既に詐欺罪で起訴された。


毎日新聞 2011年9月13日 0時02分(最終更新 9月13日 3時36分)







http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091201001054.html

神世界「教祖」を逮捕 組織的詐欺容疑

山梨県甲斐市の神世界グループによる霊感商法事件で、神奈川県警は12日、傘下のヒーリングサロンに通う客の病気などの不安をあおり、祈願料名目で金をだまし取ったとして組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の疑いで「教祖(教主)」と呼ばれるグループトップの斉藤亨容疑者(53)=東京都世田谷区=を逮捕した。

 県警によると「全く身に覚えのないことです」と容疑を否認。逮捕時は現金1千万円以上が入ったバッグを持っていた。

2011/09/13 01:17 【共同通信】






http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210913004.html(動画あり)

「神世界」グループの霊感商法詐欺事件で、逮捕状の出ていた「教祖」と呼ばれる男が逮捕されました。

 グループトップの斉藤亨容疑者(53)は幹部らに指示し、顧客の女性ら5人に「病気を治すには祈祷(きとう)が必要だ」などとうそを言って祈祷料などの名目で合わせて1340万円をだまし取った疑いが持たれています。斉藤容疑者は12日午後8時すぎ、大阪市にある「神世界」関係者が契約したマンションで逮捕されました。取り調べに対し、「まったく身に覚えのないことです」と容疑を否認しているということです。グループは2000年からの7年間に霊感商法で175億円あまりを売り上げていたとみられています。






http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011091390000739.html

「神世界」トップを逮捕 霊感商法で組織的詐欺の疑い
2011年9月13日 01時57分

 山梨県甲斐市の有限会社「神世界」グループの霊感商法事件で、神奈川県警は12日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の疑いで、「教祖」と呼ばれるグループトップの斉藤亨容疑者(53)=東京都世田谷区砧4=を逮捕した。
 逮捕容疑では、2004年5月~06年9月、東京都内のサロンなどで、体調不良に悩む客5人から、祈願料名目で計1340万円をだまし取ったとされる。斉藤容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。
 県警などによると、神世界グループは、神世界本部を頂点に、傘下の複数の系列会社が、サロンを運営するピラミッド型組織。本部は、サロンから売り上げの30~50%を上納させていたという。県警は、斉藤容疑者ら幹部の指示でサロンのスタッフが詐欺行為をしていたとみて、組織ぐるみの犯行と判断。8月17日に幹部4人の逮捕状を取った。このうち斉藤容疑者の妻の葉子容疑者(44)ら2人は既に逮捕されている。
 事件は心霊療法を行う系列サロンの運営に関与した神奈川県警元警視=懲戒免職=の不祥事が発端となった。
(中日新聞)





http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011091300008

「神世界」教祖を逮捕=グループトップ、組織的詐欺容疑-売り上げ175億円か

 有限会社「神世界」(山梨県甲斐市)グループの霊感商法事件で、神奈川、山梨両県警の合同捜査本部は12日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で逮捕状を取っていたグループトップで「教祖」と呼ばれる同社取締役の斉藤亨容疑者(53)=東京都世田谷区砧=を逮捕した。捜査本部によると「全く身に覚えのないこと」と容疑を否認しているという。
 捜査本部は、斉藤容疑者がグループの指示役で、グループ全体では、2000年9月から約7年間に計約175億円を売り上げていたとみている。
 捜査本部は、斉藤容疑者ら同グループ4人の逮捕状を取り、これまでに出頭した同容疑者の妻ら2人を逮捕した。残る1人の行方について、同容疑者は「4人ばらばらにいたので分からない」と供述しているという。
 捜査本部によると、斉藤容疑者は12日夜、大阪市中央区島之内にあるウィークリーマンションに入るところを発見され、逮捕された。部屋の入居契約は同日からで、契約名義人は同グループ関係者だった。持っていたスポーツバッグの中には現金が1000万円以上入っていたという。(2011/09/13-01:34)





http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00207386.html(動画あり)

「神世界」“教祖”を逮捕 組織的詐欺を指示か(09/13 05:50)

神世界グループの霊感商法詐欺事件で、神奈川県警はグループトップの「教祖」と呼ばれる男を組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕した。
逮捕されたのは、東京・世田谷区の神世界グループのトップ・斉藤 亨容疑者(53)。
斉藤容疑者は、すでに逮捕されている妻の葉子容疑者(44)らと共謀して、2004年5月から2006年9月ごろ、男女5人に対し、「悩みの原因は霊にある。解消するには、祈願や供養が必要」などとうそをつき、およそ1,340万円をだまし取った疑いが持たれている。
斉藤容疑者は「まったく身に覚えのないこと」と否認している。
斉藤容疑者は12日夜、潜伏先の大阪市内で逮捕された際、バッグに現金1,000万円以上を所持ていた。
警察では、神世界グループは、2000年から2007年の間に、顧客からおよそ175億円を集めていたとみて、全容解明を急いでいる。
(09/13 06:16)





http://www.47news.jp/movie/general_national/post_5216/(動画あり)

神世界「教祖」を逮捕

神奈川県警、組織的詐欺容疑

山梨県甲斐市の神世界グループによる霊感商法事件で、神奈川県警は12日、傘下のヒーリングサロンに通う客の病気などの不安をあおり、祈願料名目で金をだまし取ったとして組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の疑いで「教祖(教主)」と呼ばれるグループトップの斉藤亨容疑者=東京都世田谷区=を逮捕した。
2011年09月13日





http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110913/k10015562121000.html

「神世界」の“教祖”を逮捕
9月13日 8時3分

山梨県の有限会社「神世界」グループが、サロンを訪れた客から祈とう料の名目で現金をだまし取ったとされる事件で、警察は、12日夜、「教祖」と呼ばれるグループの実質的な代表の男を詐欺の疑いで逮捕しました。男は、容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、山梨県甲斐市にある有限会社「神世界」の実質的な代表を務める斉藤亨容疑者(53)です。この事件は、神世界グループが東京・港区などのサロンで、客の女性ら5人に「目が悪いのは狐が取りついているからだ」などとうそを言って、祈とう料の名目で合わせて現金1340万円をだまし取ったとされるもので、これまでにグループの役員ら14人が逮捕されていました。警察は、グループ内で「教祖」と呼ばれる斉藤容疑者が一連の犯行を指示していたとして、詐欺の疑いで逮捕状を取って行方を追っていましたが、12日夜、大阪市内で見つけ、逮捕しました。警察の調べに対し、斉藤容疑者は「全く身に覚えがありません」と容疑を否認しているということです。神世界グループは、平成13年から9年間で祈とう料などの名目で客からおよそ175億円を集めていたということで、警察は、グループの実態や金の流れなどについて詳しく調べることにしています。




20110913 47news 神世界教祖逮捕1

20110913 47news 神世界教祖逮捕2

20110913 FNN 神世界教祖逮捕

20110913 ANN 神世界教祖逮捕




私的メモ増補版:

・神世界「霊感商法」事件において、先に逮捕され公判中の幹部のみの留まらず、3年以上の時を経て、「教祖」と最高幹部たちに遂に逮捕状が出た

・そしてついに教祖逮捕。

神世界では「運気上昇」「災いを取り除く」とうたい、「御祈願」「除霊」などの行為を有料で行っていた

「教祖」を含む最高幹部会議メンバーらの容疑は、詐欺罪より重く、犯罪収益などを没収することが出来る「組織犯罪処罰法違反」

霊感商法の現場に直接関与しない安全なところにいたが、警察は最高幹部会議メンバーを詐欺行為に関与したと判断

・「教祖」の現妻である容疑者は逮捕済みの幹部の元妻。教祖は気に入った女を召し上げするのか?逆に幹部の男に対して払い下げもあるのか?

・「教祖」の現妻の実親も最高幹部。一家ぐるみで詐欺組織に食い込み、ナリワイとする唾棄すべき家族が存在する事実。

・霊感商法組織では女(中高年)が幹部として重用される。中高年の女ならば教祖の寝首をかく可能性が少ないからか。

・警察の追及に容疑者たちは一枚岩ではなくなっているとの見方。容易にあらわになる自称「信仰」集団(笑)の真の姿。

・雑魚スタッフは口が軽く、鴨であるお客の目を覚ます役割を果たす。想像だが、(詐欺の)分け前が少なければ責任感も当然湧かない。

・被害者は財産も友人も失ったと裁判で証言。

・一連の「神世界」事件の発端となった神奈川県警元警視は証拠不足として不問となった。警察は警察に甘い?

・教祖を匿っていたのはやはり手下。最後まで詐欺稼業にしがみつこうとする構成員の執念は円天事件でも感じた。

・逃亡資金として楽勝で1000万円以上の手持ちの現金を用意できる教祖。

・逮捕済みの手下の組織幹部らもそうだが、罪状に対して開き直る教祖のあつかましさ。

・教祖(最高幹部会議メンバーも)の逮捕容疑は、詐欺罪より重く、犯罪収益などを没収することが出来る「組織犯罪処罰法違反」(組織的詐欺)であるのに、NHKのみが(より軽い)「詐欺」としている。何らかの意図も感じてしまう。















  1. 2011/09/13(火) 08:59:51|
  2. 霊感詐欺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:140

【直近重要ニュース特集1】 急展開!霊感商法の「神世界」の教祖と最高幹部会議メンバーに対し、詐欺罪より重い「組織犯罪処罰法」違反容疑で逮捕状 他

9月となりました。深見東州教祖ことレオナルドTOSHUころ戸渡阿見こと半田晴久博士/在福岡カンボジア王国名誉領事と、博士が率いる宗教団体世界中に愛をワールドメイトのご活動ご活躍をヲチしなければならないのですが、

(参考URL:
前記事http://motokaiinn.blog37.fc2.com/blog-entry-335.html

ここのところ重要なニュースが連続的に報道されていますので、備忘録を兼ねて記事にしておきたいと思います。




http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110817/crm11081714290018-n1.htm

神世界「教組」ら4人に逮捕状 ヒーリングサロン利用、本社家宅捜索
2011.8.17 14:27

 有限会社「神世界」(山梨県甲斐市)グループによるヒーリングサロンを利用した霊感商法事件で、神奈川県警は17日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で「教祖」と呼ばれるグループトップの男(53)ら幹部の男女4人の逮捕状を取った少し大きい文字ことが17日、捜査関係者への取材で分かった。近く逮捕する方針。県警は同日、山梨県甲斐市の神世界本社を家宅捜索した。

 捜査関係者によると、他に逮捕されるのは教祖を補佐していた役員の44~70歳の女3人。教祖ら4人は平成16~18年、東京都内などの傘下サロンで、病気などに悩む客5人に「子ギツネの霊が右脳に取り付いている」などと虚偽の説明をし、祈願料名目で計1340万円をだまし取った疑いが持たれている。

 県警によると、同事件ではこれまでに詐欺容疑で12人を逮捕少し大きい文字した。新世界グループはピラミッド型組織になっており、本社とサロン運営者が定期的に会議を開催し、営業方針などが決められてきた。サロンの売上金の一部がグループに上納されていたことなどから、県警は上層部が詐欺行為に関与したとみて捜査を進めていた。






http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20110818ddlk14040210000c.html

神世界霊感商法:トップらに逮捕状 組織的な詐欺か 県警、容疑実態解明へ /神奈川

 ◇捜査3年半

 有限会社「神世界」(山梨県甲斐市)グループによる霊感商法事件は17日、県警がグループトップで「教主」と呼ばれた男(53)ら4人の逮捕状を取った。県警元警視が傘下のサロン運営に関与したことが発端となった事件は、捜査着手から3年半。県警は、最高幹部を頂点とした組織的詐欺だったとみて、実態解明に乗り出す。【山田麻未、中島和哉】

 県警は今年3月から、サロン運営会社社長や、「会主」と呼ばれるグループ幹部、佐野孝被告(42)=詐欺罪で起訴=ら12人を逮捕していた。しかし、元教主の男ら最高幹部は、被害者となったサロン顧客と直接接することはなく、詐欺容疑での立件は難航していた。

 多額の被害が出ている可能性がある一方、サロンは秘匿性が高く、グループの経営やサロンの運営方針も一部の幹部だけで決定していたとされる。サロンでの顧客対応のマニュアルなどはあったが、詐欺事件として立件できる具体的な物証が乏しかった。

 加えて、佐野被告ら起訴された4人全員が否認。最高幹部の関与を裏付ける捜査は長期化した。

 県警が着目したのは、サロンの売上金が、グループ会社を経て、ピラミッド型組織の頂点である神世界に上納される資金の流れだった。神世界側から売り上げの30~50%の上納を求める指示があったこともサロン関係者の供述などから浮かび上がったという。捜査幹部も「詐取を指示していた共謀として立件できる」と逮捕状請求に踏み切った。

 県警や弁護団などによると、神世界グループは全国で最大約130店舗のサロンを展開。被害は00~08年で約170億円に上るとされる。

 サロンでは「運気上昇」「災いを取り除く」とうたい、「御祈願」「除霊」などの行為を有料で行っていたという。神世界被害対策弁護団の紀藤正樹弁護士は17日、「神世界事件は組織犯罪だと理解している。末端の逮捕だけではおかしいと思う」と話した。

毎日新聞 2011年8月18日 地方版





http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1108180015/

世界「教祖」らに逮捕状、幹部の指示裏付け、刑罰厳しい容疑を適用/神奈川県警
2011年8月18日

 神世界グループによる霊感商法事件で、県警は家宅捜索から3年8カ月を経て、グループトップら幹部4人の逮捕状を取った。捜査は長期化したが、県警は押収した資料などから「教祖(教主)」と呼ばれる男(53)ら幹部が詐欺行為を指示したと判断。詐欺より刑罰が厳しく、組織が集めた収益を没収することなどもできる組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)を逮捕状の容疑とした。

 「私が制作したご神体とお守りと、幸福の法則を解いた神書は神様の分身」、「ご神体に接したすべての人間に御霊光が伝達し、お守りを身につけたすべての人間は御霊光を取り次ぐことが可能」 ―。グループ内で現在「教祖」と呼ばれる男が書き上げたとされる「神書」の一節だ。神書は「神世界の基準」とされ、1999年に完成したという。神書の末尾には「本来なら現在の貨幣価値で一冊につき一兆円以上はほしいのだが(中略)、経費と手数料だけの最低価格に設定してある」と記されている。

 「雑談に応じるものの、事件のことについては横を向いて一切、話さない」。これまでに逮捕された神世界関係者の取り調べでの様子を、捜査関係者はこう明かす。神世界グループの頂点とされる「教祖」ら最高幹部が詐欺を指示したことを示す具体的な証言が得にくい中で、県警は押収した資料などを丹念に調べた。その結果、「教祖」ら幹部が会議などで発言したとみられる内容を記した走り書きメモなどの資料に着目、同容疑者らが詐欺行為に関与した可能性が高いと判断したとみられる。

 県警がこれまでに逮捕した神世界関係者の罪名はいずれも詐欺。だが今回は組織犯罪処罰法違反容疑で逮捕状を取った。同法を適用すれば、法定刑は「1年以上の有期懲役」で、詐欺(10年以下の懲役)より重くなる上、犯罪収益などを没収することができる。

 被害対策弁護団の紀藤正樹弁護士は神世界は組織的に詐欺行為を行っており、(同容疑での逮捕状は)当然の結果。トップが逮捕され、全容が解明されることを期待したい」と話した。





http://www.asahi.com/national/update/0818/TKY201108170591.html

「神世界」教主、詐欺指示か 幹部が定期的に会合 2011年8月18日3時3分

 有限会社「神世界」(山梨県甲斐市)グループの霊感商法事件で、神世界トップで「教主」の男(53)ら幹部4人は定期的に会合を開き、サロン運営会社の経営者らに詐欺行為を指示していた疑いがあることが17日、神奈川県警への取材でわかった。

 県警は組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で4人の逮捕状を取っており、所在がわかり次第、逮捕する。4人は詐欺の実行行為には加わっていないが、複数のサロンで詐欺的商法の手口が酷似していることから、4人の指示に基づいた組織的行為だったと判断したとみられる。

 県警によると、神世界グループは教主を頂点に、複数のサロン運営会社を傘下に置くピラミッド型組織。定例の会合は毎月あり、教主ら神世界の幹部とサロン運営会社の幹部が参加。教主らが売り上げの拡大などを指示し、サロン側からは売り上げの30~50%が上納されていたという。





http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20110830ddlk14040294000c.html

神世界霊感商法:夫らの行方「知らない」 「教主」妻逮捕、容疑否認し黙秘 /神奈川

 有限会社「神世界」(山梨県甲斐市)グループによる霊感商法事件で、「教主」と呼ばれた男(53)の妻で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で逮捕状が出ていた同社役員の斉藤葉子容疑者(44)が29日、捜査本部のある加賀町署に出頭し、逮捕された。ただ、同様に逮捕状が出ている夫ら3人の行方については「知りません」と供述。県警は依然として容疑者の所在確認に追われている。

 県警によると、斉藤容疑者は同日夕、弁護士とみられる男性とともに横浜市中区の同署に出頭し、「斉藤葉子です」と名乗った。17日に県警が逮捕状を取ってから10日余り。所持品は手提げバッグ一つで、現金数万円を持っていたという。

 県警は、事件を巡っては組織トップの夫が首謀者で、妻の斉藤容疑者は「補佐的な役割」(幹部)をしていたとみているが、調べに対し「逮捕事実に納得できません」と容疑を否認しているという。ほかの質問には黙秘しているとされる。

 夫妻と面識があり、同社を相手取り損害賠償請求訴訟を起こしている女性は「(斉藤容疑者は)教主の言うことが絶対という感じ。この逮捕をきっかけに、グループが組織ぐるみで金をだまし取っていたことを(県警は)明らかにしてほしい。(逮捕状が出ている)ほかの3人にも早く出てきてもらいたい」と話した。【松倉佑輔、山田麻未】





http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001108300004

神世界事件 出頭の理由語らず
2011年08月30日

 有限会社「神世界」(山梨県甲斐市)を巡る霊感商法事件で、県警に組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で逮捕されたグループ幹部の斉藤葉子容疑者(44)は、県警の調べに「逮捕事実に納得いきません」と供述しているという。
 県警によると、斉藤容疑者は29日夕、現金数万円と着替えが入った手提げカバン一つを持って加賀町署に出頭した。一緒にいた弁護士とみられる男性はすぐに立ち去ったという。
 斉藤容疑者は、神世界トップである「教主」の男(53)の妻で、神世界代表取締役の女(70)の娘。逮捕状が出ている夫や母ら幹部3人の所在を尋ねても「知らない」と話し、出頭理由や潜伏先を聞いても無言だったという。
 斉藤容疑者は元々、傘下のサロン運営会社を統括している男(42)=詐欺罪で起訴=の妻だった。県警が5月に詐欺容疑で逮捕したこの男とは2003年2月に離婚し、同年8月に「教主」と再婚した。
 斉藤容疑者が1人で出頭してきた理由について、県警の捜査幹部は、「捜査が進んだことで、グループが一枚岩ではなくなってきたのかもしれない」とみている。




http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/210901053.html

「神世界」幹部の女逮捕 祈祷料の名目で金を詐取(09/01 20:57)
 
「神世界」グループの霊感商法詐欺事件で、逮捕状の出ていた幹部の女が逮捕されました。

 組織的犯罪処罰法違反の疑いで逮捕されたのは、「神世界」グループ幹部・宮入参希江容疑者(49)です。宮入容疑者は、「教祖」と呼ばれる男らと共謀し、顧客の女性ら5人に「病気を治すには祈祷(きとう)が必要だ」などとうそを言って、祈祷料などの名目で合わせて1340万円をだまし取った疑いが持たれています。宮入容疑者は1日午後5時ごろに横浜市内の警察署に出頭し、逮捕されましたが、「神様を信じているので、人をだます気持ちは一切ありません」と容疑を否認しているということです。「神世界」グループをめぐる詐欺事件では、「教祖」と呼ばれる男ら幹部2人に逮捕状が出ていて、警察が行方を追っています。





http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20110901ddlk14040281000c.html

神世界霊感商法:お金も友も失う 被害女性が証言--元サロン経営者公判 /神奈川

 有限会社「神世界」(山梨県甲斐市)グループの霊感商法事件で、詐欺罪に問われた元サロン経営者、吉田=旧姓・杉本=明枝被告(48)の第2回公判が31日、横浜地裁(朝山芳史裁判長)であった。サロンで650万円をだまし取られたとされる被害女性が出廷し、「お金も友達も失った」と述べた。

 女性は近視を治すための祈願代などとして現金を払ったといい、「お金も失い、サロンに友達も紹介してしまい、失ってしまった。非常に悔しく思っています」と話した。

 検察側からサロンに通うのをやめた理由を問われると、「スタッフから、サロン奥ではお客さんからどうお金を出させるかを話していると言われた。通うのをやめても体調に変化はなく、だまされていたと気づいた」と振り返った。【山田麻未】

毎日新聞 2011年9月1日 地方版





http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001109010003

神世界事件公判
2011年09月01日

 有限会社「神世界」(山梨県甲斐市)グループの霊感商法事件で、窓口の「サロン」の客から金をだまし取ったとして詐欺罪に問われたサロン元経営者の会社員吉田(旧姓・杉本)明枝被告(48)の第2回公判が31日、横浜地裁(朝山芳史裁判長)であり、計650万円をだまし取られたとされる女性の証人尋問があった。
 サロンに通い始めた理由について、女性は「先祖の霊を供養しないと人生がうまくいかないと言われて怖くなった」などと詳述。(体調などを良くするとされる)「御霊光」を他の客にも施し、友人もサロンに誘った結果、金とともに人間関係も失ったという。
 スタッフに「客から金を出させる方法しか考えていない」と打ち明けられるまでだまされたことに気付かなかった、と話した。
 一方で、「お金はサロンではなく幸せをもたらす神様に払っていた」とも証言。これを受け、弁護側は閉廷後に「神様にお礼を差し上げていたわけだから、検察側が主張する杉本被告の詐欺は成り立たない」と話した。















私的メモ:

・神世界「霊感商法」事件において、先に逮捕され公判中の幹部のみの留まらず、3年以上の時を経て、「教祖」と最高幹部たちに遂に逮捕状が出た

神世界では「運気上昇」「災いを取り除く」とうたい、「御祈願」「除霊」などの行為を有料で行っていた

「教祖」を含む最高幹部会議メンバーらの容疑は詐欺罪より重く、犯罪収益などを没収することが出来る「組織犯罪処罰法違反」

霊感商法の現場に直接関与しない安全なところにいたが、警察は最高幹部会議メンバーを詐欺行為に関与したと判断

・「教祖」の現妻である容疑者は逮捕済みの幹部の元妻。教祖は気に入った女を召し上げするのか?逆に幹部の男に対して払い下げもあるのか?

・「教祖」の現妻の実親も最高幹部。一家ぐるみで詐欺組織に食い込み、ナリワイとする唾棄すべき家族が存在する事実。

・霊感商法組織では女(中高年)が「教祖」に重用される。裏切る可能性が少ないからか。

・警察の追及に容疑者たちは一枚岩ではなくなっているとの見方。簡単にあらわになる「信仰」(笑)集団の真の姿。

・雑魚スタッフは口が軽く、鴨であるお客の目を覚ます役割を果たす。想像だが、(詐欺の)分け前が少なければ責任感も当然湧かない。

・被害者は財産も友人も失った。












  1. 2011/09/05(月) 21:51:48|
  2. 霊感詐欺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:76

2009~10年度の開運商法(霊感商法を含む)に関する被害相談の件数は3952件(2011年2月7日現在)、相談に来ていないケースを含めれば、実際の被害はその数十倍~100倍以上!流行のパワースポットを悪用した霊感商法や新手の継続性のない被害も登場!紀藤正樹弁護士が解説


20110221 紀藤弁護士解説

「パワースポット巡り」など新たな霊感商法を紀藤弁護士解説
2011.02.21 17:00


「財産には強い因縁があり、これを払わないと先祖は救われない」といった理屈で印鑑や壺を売る霊感商法は1980年代から社会問題化した。しかし、最近は、新たなスタイルの霊感ビジネスが跋扈し始めていると、カルト事件などの被害者救済に取り組んできた弁護士の紀藤正樹氏は指摘する。

 * * *

 霊感商法の特徴は、虚偽の話を信じ込ませたり、脅かしたりすることを長期間繰り返すことで、相手をマインドコントロールし、継続的に収奪していくことだ。

 「継続性」が特徴であるために、結果として被害は大きく膨らんでしまう。私が相談を受けた人の中には、1件の被害額が1億円を超えているケースがいくつもあり、数千万円まで含めると何十件もある。
 
 しかし、ここにきて、かつての霊感商法とは違うタイプの悪徳商法が目立つようになってきた。効果・効能の科学的根拠がないのに、「この御札を持っていれば幸せになれる」「このペンダントをすれば恋人ができる」「この石を持てば気持ちがやすらぐ」といった謳い文句でグッズを通信販売したりする商法である。

 海外に比べると日本は効果・効能などの表示に対して、規制が緩やかなことを逆手に取った手口といえよう。そうした商品は、せいぜい数万円から数十万円であり、被害も「1回限り」が多く、継続性がないものがほとんど。

 独立行政法人・国民生活センターが受け付けた苦情相談事例では、

〈広告を見て業者に電話。電話の中での易断の結果、恋愛成就には祈祷が必要といわれて依頼。半年経つが効果がない〉

〈自分では注文していないのに金運財布が届き請求書が入っていた〉

〈海外の預言者から1万4000円を振り込めば幸運をもたらす商品を送るというDMが届いた〉

 といったケースが挙げられている。ただし、こうした悪徳商法もさらに多額の被害の端緒となる。

 たとえば「3万円のペンダントを買ったが、まるで効果がない」と購入者がクレームをつけたところ、「あなたの背後霊が強くて、そのペンダントでは効かない。その背後霊を除霊するには、あなたにはこれが必要だ」などと言われて、20万円の別の商品を買わされたといったケースがある。

 世の中には、いまだ科学的に解明できていないものや、理屈がつかないものがたくさんある。そのため、人々の宗教的なるものに縋りたいというニーズは、今も減っていない。最近、パワースポットを訪れることがブームとなっているのも、その証左であり、既にパワースポットを利用した新たな霊感商法も登場している。

 現代人の健康志向や不安を逆手にとり、次々と新しい手口が編み出されているのだ。

 全国の消費者センターと国民生活センターが、2009~10年度に受け付けた「運勢が開ける」「幸福になる」などと言って、商品や祈祷などのサービスを契約させる開運商法(霊感商法を含む)に関する被害相談の件数は3952件(2011年2月7日現在)に上る。相談に来ていないケースを含めれば、実際の被害は、その数十倍~100倍以上になるだろう。

 このような悪徳商法から身を守るためにも 「金を払う前に、まず友人、家族に相談する」という基本を絶対に忘れないでいただきたい。

※SAPIO2011年3月9日号


※大文字・色文字は元・会員





…消費者問題宗教問題の第一人者で「ワールドメイト被害救済ネット」事務局長でもいらっしゃる紀藤正樹弁護士がこのように誌上で話しています。

霊感商法という継続的収奪が問題化した80年代はまさにバブル経済期でした。被害者側にも継続的に収奪されても続けられる経済力がありました。しかし最近の手口には一回ぽっきりもあり、収奪の単価も下がっているようで、GDPが世界第3位に落ちた日本人の経済力に合わせた収奪法なのかもしれません。

世につれて移り変わる手口。しかし狙いはいつだって我々小さな個人の生活。

気がついたら小さな営みが破壊されていたなどということのないよう、気をつけたいものですね。









  1. 2011/03/07(月) 17:06:55|
  2. 霊感詐欺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:241

「先祖の因縁を解消することができない」などと不安を煽るなどし、自由な意思決定を制約した状態で献金させる違法行為 献金強要で統一教会に賠償命令、神奈川と秋田の元信者が勝訴(2010年12月15日)

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

『3000年に一人の大神人』『現代のレオナルド・ダビンチ』(以上自称か他称かは不明)深見東州教祖こと半田晴久博士/在福岡カンボジア王国名誉領事こと戸渡阿見ことレオナルドTOSHU氏が率いる宗教団体世界中にワールドメイトでは、この年末年始以下のような有料催事を開催中で、現在も終了していません。


1000万倍菊理姫!国力再生、病魔戦争、伊勢でなんとかする神事!!
現地情報:

☆伊勢神宮 外宮・内宮団体参拝
12月30日(木)11時開始(10時受付開始)
参拝の衛星中継はありません
伊勢神宮・外宮(豊受大神宮) 北御門前広場集合

☆籠神社団体参拝
12月31日(金)11時開始(10時受付開始)
参拝の衛星中継はありません
籠神社 集合
京都府宮津市字大垣430

☆1000万倍菊理姫!国力再生、病魔戦争、伊勢でなんとかする神事!!
12月31日(金)20時開始(19時受付開始)
衛星中継あり
神崎海岸海水浴場 ワールドメイト特設会場



参加中の現会員さんたちは上記赤字の屋外の特設会場にて、年末からの荒天や激寒やトイレや食事の不自由さ等に耐えつつ、半田晴久博士による有料神事のお取次ぎをお待ちになっている状況です。


さて年末に明るいニュースがございました。全て拡大できます。

20101225 統一教会敗訴1
20101215 統一教会敗訴2

20101215 mainichi  統一教会敗訴記事キャッシュ



(一番上)
統一教会側に賠償命令 秋田と神奈川の元信者勝訴

統一教会の元信者ら3人が、霊感商法で多額の献金や印鑑購入などを強いられたとして教会側に計約5900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(阪本勝裁判長)は15日、教会と信者1人の責任を認め、原告3人のうち相模原市の女性(48)と秋田市の女性(40)への計約3300万円の支払いを命じた。

 相模原市の女性を通じて多額の現金を引き出されたと主張し、原告の1人となった女性の夫(55)については「直接的な権利侵害を受けていない」として訴えを退けた。

 判決は、女性2人に対する教会側の勧誘の一部について「『先祖の因縁を解消することができない』と不安感をあおるなどして自由な意思決定を制約した状態で献金させる違法行為があった」と指摘した。




(真ん中)
献金強要で統一協会に賠償命令、神奈川と秋田の元信者が勝訴
2010年12月17日

 世界基督教統一神霊協会(統一協会)の元信者ら3人が、多額の献金や印鑑購入などを強要されたとして、協会側に計約5900万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は15日、協会と信者1人の責任を認め、原告3人のうち相模原市の女性(48)と秋田市の女性(40)への計約3300万円の支払いを命じた。共同通信が伝えた。

 判決などによると、協会側の女性2人に対する勧誘の一部に、「先祖の因縁を解消することができない」などと不安を煽るなどし、自由な意思決定を制約した状態で献金させる違法行為があった。

 一方、相模原市の女性を通じて多額の現金を引き出されたと主張して原告の1人となっていた女性の夫(55)については、「直接的な権利侵害を受けていない」として訴えを退けた。




(一番下)
賠償命令:統一教会側に 秋田と神奈川の元信者勝訴

 統一教会の元信者ら3人が、霊感商法で多額の献金や印鑑購入などを強いられたとして教会側に計約5900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(阪本勝裁判長)は15日、教会と信者1人の責任を認め、原告3人のうち相模原市の女性(48)と秋田市の女性(40)への計約3300万円の支払いを命じた。

 相模原市の女性を通じて多額の現金を引き出されたと主張し、原告の一人となった女性の夫(55)については「直接的な権利侵害を受けていない」として訴えを退けた。

 判決は、女性2人に対する教会側の勧誘の一部について「『先祖の因縁を解消することができない』と不安感をあおるなどして自由な意思決定を制約した状態で献金させる違法行為があった」と指摘した。

 判決によると、女性2人は94年と96年に信者から勧誘され、06年ごろまで献金や印鑑購入などで計約2800万円の損害を受けた。

毎日新聞 2010年12月15日 19時40分(最終更新 12月15日 22時03分)






「『先祖の因縁を解消することができない』と不安感をあおるなどして自由な意思決定を制約した状態で献金させる違法行為があった」と判断されたこと

教団だけでなく(多分煽り屋であろう)信者も訴えられていること


また被害額より多い賠償額が認められている模様であること

などが印象的です。

それから一番下の引用先の毎日新聞なのですが、何故か早々にこの記事を削除しており、キャッシュから取るしかありませんでした。宗教団体ワールドメイトが神栖市の海岸に持つとされる催事会場(登記上の所有者名:半田晴久)に行われた行政指導を伝える記事を即効で削除し、まるで代替かのように半田晴久博士が会長を務めるNPO法人世界芸術文化振興協会(IFAC)がNYのジュリアード音楽院を支援する記事がUPされたことをなんとなく思い出しました。いずれも残念なことです。

神崎海岸の神事会場では現会員さんたちの“我慢大会”は現在も続行しており、これに関して現在情報を収集中です。興味深い情報もすでにございますので、できるだけ早く更新したいと思います。




  1. 2011/01/02(日) 14:19:33|
  2. 霊感詐欺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:54

【緊急更新】あれから11年…「1999年12月1日 「法の華」一斉捜査が行われた日」【日本テレビ「DON!」本日放映分より】

宗教団体世界中に愛をワールドメイト教祖深見東州こと半田晴久博士ことレオナルドTOSHUこと戸渡阿見が理事(内部的には会長)を務める一般社団法人国際スポーツ振興協会(ISPS)が

先々週11月19日からはフロリダの地で米国女子シニアゴルフ大会
ISPS Legends Tour Open Championship2010(賞金総額30万ドル≒2500万円、ISPSとは半田晴久博士やワールドメイトスタッフの高橋昇氏らが理事を務める一般社団法人国際スポーツ振興協会の略称)、

同じく豪州パースの地では、豪州シニアツアーと欧州シニアツアーの共同開催であります、その名も
Handa Australian Senior Open(賞金総額40万豪ドル≒3250万円)、

11月25日からは、日本の埼玉県おおむらさきゴルフクラブにて、やはり欧州シニアツアーとの共同開催であります
Handa Cup Senior Masters(賞金総額1億2000万、いろいろ理由があって実質は1億1000万強ほど)

を開催し、

2週間で1億7000万円~8000万円台に及ぶ賞金がプロゴルファーたちに与えられました

昨日11月30日からはやはり深見東州教祖=半田晴久博士が理事(内部的には会長)を務めるNPO法人世界芸術文化振興協会(IFAC)が

第8回東アジア美術交流祭(~12月5日まで、東京セントラル美術館、入場無料)

を開催しており、

これらの素晴らしさを早くお伝えしなければならないのですが、緊急に別件で更新します。


本日日本テレビ「DON!」にて、90年代に足裏診断で有名になった「法の華」の特集がありました。
以下日本テレビ様のサイトより拝借した内容の詳細です。拡大できます。

DON! - 日テレ「DON! 」公式サイトです

1999年12月1日 「法の華」一斉捜査が行われた日
「最高ですかー?」
 
東京・渋谷の街頭で叫ぶ白装束の集団。彼らは宗教法人「法の華」の信者たち。「法の華」は、その教祖福永法源が詐欺容疑で逮捕されるまでどのような活動をしてきたのか。950億円ともいわれる被害はどのようにして生まれたのか。

1999年のきょう、12月1日は、「法の華」一斉捜査が行われた日。

■教祖福永法源の生い立ち

1945年  福永法源(本名輝義)山口県に生まれる
1976年  30歳の時に事業をおこすも34歳のときに失敗、5億円の借金をかかえる
1980年  天の声を聞いたとして法の華設立
1987年  富士市に天声村と称する本部を建設。宗教法人法の華三法行として活動
1992年  徐々に法の華に対する信者の不安が募り、被害者から損害賠償請求がおこる
1995年  東京ドームにて天行力大祭を開催
1999年  詐欺容疑で法の華に一斉捜査が入る
2000年  詐欺容疑で福永法源逮捕
2008年  懲役12年の刑が確定

■法の華の活動

<アンケートによる勧誘>
 法の華が出す本にはさまれたアンケートを出すと、福永法源の講演会に参加しないかという電話がかかってくる。これが法の華に信者をよびこむ手口である。

<ターゲットは120の病院>
 アンケートによる勧誘以外にも、あたかも病が治るような嘘を病院の周りで吹聴し、信者を呼び込んでいた。

<足裏診断>
 呼び込んだ人たちに対し、足裏診断を行う。この際事前に盗聴した情報に基づいて診断を行い、相手を信頼させる。ここで根拠もなく「がんになる」などといい、相手の不安をあおる。

<信者を集めた4泊5日の合宿研修>
 集まった信者には4泊5日の合宿研修を行っていた。合宿最終日には渋谷にて土下座をし、最高です!と叫びあうなど異様な光景を生む。研修費用は225万円。

<健康でいるための物品購入>
 家の中心代として掛け軸333万円、解脱奉納代として教祖の手形の入った額縁1千万円、釈迦の骨とされるものが入った仏舎利塔2千万円......などを購入させられる。




私も出先からですが見ることができましたので、メモで補足されていただきます。


・「法の華」は自前の出版社を持っている。そこには一切宗教団体とは書いていない。宗教であることを隠している。

・内部文書には120もの医療機関のリストがあり、そこで自前出版社刊の本を配る。藁をも掴む思いの人々が釣れる。

・本にはアンケートが挟み込まれており、送り返すと教団から電話がある。福永の講演会に来るよう誘われる。すがる思いの人々は釣られる。

・講演会では福永が足裏診断を行う。が壇上に上がる被鑑定者たちは事前に別室で問診を受けており、そこには隠しカメラもあり、本人の個人情報を事前に集めることができる。それを仕込んだ福永は霊力を装った上で「苦労してるな」「がんになるぞ」と脅す。

・次に4泊5日の研修会225万円に誘われる。サラ金から金を借りても参加すべしと煽られる。

自分と先祖の生き様が悪いのだとなじられる。「最高ですかー」などの標語を大きな声で発声させる。静岡の研修所から東京へ移動し、街中で通行人に「最高ですかー」と呼びかけたり絶叫したりする。最後は街頭で  土  下  座 。

・研修中は疲労で思考が働かない。研修の合格判定は福永が行う。その後はさらに家の中心にすべしと高額な掛け軸や福永の手形などを売りつけてくる。

一方福永は、豪華マンションに居住し、豪華海外旅行をし、歌を歌ってCDも出し、各種名誉博士号を取得、サッチャーやゴルビやローマ法王ら世界のVIPと面談し自身に箔付け。

・「法の華」は公称10万人の信者を擁した。92年に元信者らが騙されたとして返還請求を始め、96年には被害110番電話が設置され、99年12月1日に詐欺容疑で全国74箇所を一斉捜査が入った。

・その後も福永や残党は強気で、福永は「天の世界には被害者などいない」と強弁。結局懲役12年の判決となった。

・紀藤正樹弁護士が映像でご登場「足裏診断は霊感商法である。霊感商法は基本的にすべて詐欺事件として立件されなければならない。だが現在はかならずしもそうなっておらず途上の段階」とまとめた。



とりあえず以上です。ご覧になった方で補足がありましたらお願いいたします。大変良い番組でした。日本テレビ様ありがとうございました。





  1. 2010/12/01(水) 20:47:20|
  2. 霊感詐欺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:243
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。