ワールドメイト 元・会員のブログ

宗教"法人”「ワールドメイト」(平成24年9月14日法人成立、主たる事務所静岡県伊豆の国市、代表役員半田晴久、基本財産の総額17億4174万3397円)をよく知り、理解を深め、語り合いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明快!タレント杏野はるなさんのブログ「霊は脳内に存在し、物理的には存在しないと確信している」

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1275054728/l50
【芸能】杏野はるな、霊能者を斬る!「信じるものはだまされる!本当に霊が見えるのか!はるなは幽霊は存在しないと確信している!」


1 :Σφ ★:2010/05/28(金) 22:52:08 ID:???0

霊能者の方に「本当~?」と言う事はなんだかタブーな雰囲気がある。はるなは幽霊というのは
人間の頭の中に「いる」と思っていて、物理的には存在しないと確信しています。
信じるものは救われるけれど、信じるものはだまされる。とも言える。

霊能者を名乗る方々は「相談役」なんだろうと思う。その人が幽霊の仕業で不幸な状態にあると思って
いる現状を聞いて、そしてそれを幽霊というモノを通して話をし解決する。それはそれでいいと思う。
でも問題はそれを利用して逆に悪い方向に一度もって行き(なにしろ悩んですがって霊能者のところに来て
いるのだから、あっさり誘導される)、そして多額のお金を取ったり、つぼ、御札的はモノを売ったりする。

きっと一番大事なのは、霊能者本人が「本当に霊が見えるのか」それとも「見えないものを見えると
言っているのか」この差が大きい。オレオレ詐欺的なものはすぐに法的にいかん! とされるけれど、
霊能者の方がなかなかそうならないのは、中には「霊能者という肩書き」を使ってはいても、本当に
親身になって相談を聞いてくれる方がいるからこそ、その線引きが難しく法的に対処が難しいのだろう。

はるなちゃん春麗バージョン
http://image.blog.livedoor.jp/tokyozukananno/imgs/9/5/95805a2a.jpg
http://blog.livedoor.jp/tokyozukananno/archives/51464971.html





こんなに若くて可愛いタレントさんが、胡散臭いスピリチャルブームの中、霊とお話できると自称する「霊能者」をばっさりと斬っていらっしゃいます。

本文だけでなく、はるなさんの全レスのコメントも本当に素晴らしい。


「はるなはどう考えても自己暗示で見ているのだと思うなあ。それを「いる」というのならいるのだろうけれど。
科学が万能だとは言わないけれど、でも探求していった究極系が科学だから結局は科学に行き着いてしまう」

「心霊写真は今簡単に誰でも作れてしまうので理屈は100パーセント物理的に解明できる時代です。アメリカで大騒ぎしているオーブというのはただのホコリです。
ちょっと知識のあるカメラマンからすると心霊写真のトリックはあっさりと解明できてしまうのだそうです。」

「非常に難しいですよね。見えるというのは例えば刑事事件では物証にならない。だから証明のしようがない。う~ん。」

「人間が死ぬとどうなるの? という恐怖が霊という存在を生み出すのだろうと思います。もちろん物理的には絶対に存在しないかと。。はるな、どうして虫の幽霊とかはいないのか?! と思ってしまう。人間よりもよっぽど死んでしまっているはずなのに。。」

「曖昧。それが実は一番おいしいのですよね。だって誰からも否定されないし否定されるし。つまりは興味の対象の中心になれるから」

「その「いる」の境界線があいまいだからこそ、変なビジネスも成立してしまうのですよね。。」

「はるなは物理的にはいないと思っています。人間は集団催眠、自己催眠に思っている以上にかかりやすく、そのパターンが幽霊には非常に多いらしいです。」




他、どうぞご本人様のブログでご確認ください。

有名人が多数立候補する昨今ですが、こんな御方にこそ立候補していただき、「根拠のない話」「曖昧な話」から消費者を守る消費者関連の法案つくりに尽力していただきたいです(笑、でも本気です)

はるな様、2ちゃんねる様、ありがとうございました。





スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 23:23:36|
  2. 霊・因縁についての考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。