ワールドメイト 元・会員のブログ

宗教"法人”「ワールドメイト」(平成24年9月14日法人成立、主たる事務所静岡県伊豆の国市、代表役員半田晴久、基本財産の総額17億4174万3397円)をよく知り、理解を深め、語り合いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【緊急更新!】キャノングローバル戦略研究所レポート「カンボジア医療視察報告」が11月末までに謎の削除!【謎の削除シリーズ】

拙ブログ前々記事
カルト教祖で自称"除霊師”の女に死刑執行 宗教性や心神耗弱状態は認められず
(http://motokaiinn.blog37.fc2.com/blog-entry-362.html)



前記事
過去の「除霊」に関する判例集 悉く敗訴・有罪 『多額な金を払ったら救われる』ことはありえない
(http://motokaiinn.blog37.fc2.com/blog-entry-363.html)


の途中なのですが、緊急にご報告すべきがあり、逸脱いたします。



ワールドメイト退会者・被害者系の各ブログやサイトでも、今年3月のUPの直後から大いに注目されてきました

キャノングローバル戦略研究所

「カンボジア医療視察報告」

ですが、この11月末までに 謎 の 削 除 が行われています。
該当URL
http://www.canon-igs.org/column/macroeconomics/20120328_1305.html

をクリックしても現在は

Not Found
The requested URL /column/macroeconomics/20120328_1305.html was not found on this serve



と出るだけです。なんとキャッシュすら残っていません。キャッシュまでも消されている可能性もあります。


以下は削除されてしまった記事の実物です。

(クリックすると拡大できます)
カンボジア医療視察報告+|+キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)_convert_20121208094342

(拡大済みの記事。クリックすると全文が読めます)
カンボジア医療視察報告+|+キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)_convert_20121204100514


以下は記事内の文章の一部です。

⑥ NGO運営私立病院の事例として、ジュレマイヤーズホープ病院とシハヌーク病院の2つを訪問した。両病院に共通して言えることは、海外のスポンサーからの寄付で運営されているため、寄付が削減されればその分だけ必然的に医療機能も縮小してしまう点である。ちなみにシハヌーク病院のメインスポンサーは深見東州氏(本名:半田晴久。私立カンボジア大学総長)である。同病院は、深見氏から毎年200万USドルの寄付を受けることにより2010年までは24時間診療体制ができていた。しかし、東日本大震災後深見氏からの寄付が止まったため、日中のみの診療になっている。

⑦ NGO運営私立病院の診療体制は劣悪と言わざるを得ない。両病院とも医療機器は海外からの中古品の寄付に依存しており、故障した場合に修理ができないために使われなくなった医療機器がたくさん放置されていた。ジュレマイヤーズホープ病院では、外来患者が炎天下で受付の順番を待つことを余儀なくされていた。シハヌーク病院は、HIV(エイズウイルス)と結核の感染患者の外来に注力しているが、驚いたことにHIV感染者と結核患者が同じ場所で診察を待っていた。これを見て私は、1980年代に米国の連邦刑務所で起きたパニックを思い出した。連邦刑務所の囚人には麻薬犯罪者が多い。麻薬犯罪者は、注射器を通じてHIVに感染、エイズを発症して免疫力が低下していることから結核になる者が多発した。そうした囚人に結核治療の抗生物質を多用した結果、どの抗生物質も効かない多剤耐性結核菌が連邦刑務所に蔓延、医療関係者を恐怖に陥れたのである。シハヌーク病院ではそのようなリスクがあることを理解していても医療資源に余裕がないのだと思われた。ちなみに、同病院のICU(重症患者の病床がある部屋)には感染症患者隔離室も併設されていた。この隔離室は、室外に病原菌が漏れないようにするための陰圧機能が付いているとは到底思われなかった。




キャノングローバル戦略研究所のホームページ内で「コラム・メディア掲載:マクロ経済」を検索しましたが、降順で本来ここ(以下の画像の部分)

20120328 キャノン松山削除


にあったはずの記事です。このコラムをお書きになった松山幸弘研究主幹さま個人の過去のワークで検索しても、ここ(以下の画像の部分)

20120328 松山削除2JPG

に本来あったはずの記事です。

こんな貴重で有益な現地レポートにいったい何が起きて、キャノングローバル戦略研究所はこれを削除し、まるで元々こんなコラムがなかったかのような体裁を繕わなければならなくなったのでしょう?

ちなみに宗教“法人”ワールドメイト(2012年9月14日法人格取得。旧名任意団体世界中に愛をワールドメイト)に関するメディア報道では、過去に何度も謎の削除が行われています。


以下はその削除例です。


【2008年11月6日 産経新聞配信】
20081106 保安林の原状回復を 県、宗教団体に指導 茨城・神栖市_convert_20121208093708

保安林の原状回復を 県、宗教団体に指導 茨城・神栖市
11月6日8時1分配信 産経新聞

 茨城県神栖市の防風保安林内の通路が広がり防風機能を阻害しているとして、県は5日までに、通路を使用している宗教団体「ワールドメイト」(半田晴久代表)に保安林の原状回復を指導した。

 同団体は、神栖市柳川の日川浜海水浴場付近の砂浜に平成13年から“イベント会場”を設置。保安林に元からあった道を進入路として使用していた。

 県が先月確認したところ、11年には約3メートルだった道幅が約1メートル広がっていることが発覚。周辺住民からは「(同団体が)通路を広げてしまい、飛砂がひどくなった」との声も聞かれていた。

 同団体は産経新聞の取材に対し「道を広げたりはしていない。(道は)誰かが無断廃棄したゴミや神栖市が松くい虫対策で伐採した倒木で埋まっていた。昨年に市や県の立ち会いで、粗大ゴミ処理や倒木の片づけを頼まれ、埋まっていた道路を使えるようにした」と主張。「むしろ、通路に松の苗を植えるなど保安林の維持に協力している」としている。

 一方、県や神栖市は「そんなやりとりはないし、松の苗木も確認できていない」と完全否定。県林業課では「伐採の跡はないが、車の出入りで広がった可能性もある。使用者なので道をのぞいた部分の緑化を図ってもらう」とし、同団体に保安林機能の回復を求めていく。

最終更新:11月6日8時1分

記事URL:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081106-00000036-san-l08





【2012年7月2日 毎日新聞配信】
http://mainichi.jp/select/news/20120702k0000e010200000c.html
http://mainichi.jp/select/news/20120702k0000e010200000c2.html
http://mainichi.jp/select/news/20120702k0000e010200000c3.html
小沢元代表:コンサル会社から顧問料 毎月200万円
毎日新聞 2012年07月02日 15時13分(最終更新 07月02日 15時44分)



http://motokaiinn.blog37.fc2.com/blog-entry-356.htmlに全文あり



…上記2008年11月6日産経新聞配信「保安林の原状回復を 県、宗教団体に指導 茨城・神栖市」の記事は、UP後すぐに、日本における宗教問題・消費者問題の第一人者紀藤正樹弁護士が当時運営していた『ワールドメイトに関する議論掲示板』に転載され、その後、なんと一週間以内に産経新聞サイトから削除されるだけでなく、深見東州教祖こと半田晴久博士が宗教団体(当時)ワールドメイトのスタッフなどとともに運営するNPO法人 世界芸術文化振興協会(IFAC)が米国のジュリアード音楽院の長期支援を開始するという画像付の記事が産経サイトにてUPされました。ちなみに半田晴久博士が代表取締役を務め、半田博士とともにワールドメイトの前身を築いたいわゆる「25人組」の方々が元・現取締役を務める㈱ミスズが運営する、巷でも話題を呼んでいる、みすず学苑のテレビCMは、特例を除いてすべてフジサンケイにて放映されてきました。

2012年7月2日毎日新聞配信の「小沢元代表:コンサル会社から顧問料 毎月200万円」については、ワールドメイト教祖深見東州こと半田晴久博士がワールドメイト会員向けに発信した、

Toshu Fukami・メールマガジン vol.1022「新聞・雑誌の、記事の一つや二つや百個や千個で、ガタガタするのはやめよう!」(その3)(2012年7月8日配信) 

内にて、

毎日新聞社と記事内で発言されている政治学者の方に対し、内容証明を送付していることを明言しています。

この内容証明の送付と毎日新聞社サイトからの上記記事の削除の関係は不明です。










スポンサーサイト
  1. 2012/12/10(月) 07:52:13|
  2. ワールドメイトに関する報道

【緊急更新!】小沢と「蜜月」ワールドメイトの資金力 2012年5月 雑誌FACTA【3年ぶりのメディア報道】

5月になりました。深見東州教祖ことレオナルドTOSHUこと戸渡阿見こと半田晴久博士が率いる宗教団体世界中に愛をワールドメイトでは、このゴールデンウィーク前半には


いよいよ深まり、今度は開き切るぞ 霧島びらき神業

★ 災いを火で焼き切る・彦火火出見になれる神事!
★ 霧島 秘鍵開示会「上級篇」
★ 大地の神・ガイアがすべてを豊かにならす神事
★ 苦を解放し、発展と繁栄をもたらすクロノス神事!!
★ 霧島54柱の神々を連れてくる!役小角・アロン神事
★ 冥府魔道を守る神ハデスが呪いを打ち砕く神事!
★ 富と繁栄と誉れが授かるヒュドラ祈願

(それぞれ各式階は3000円以上~1万円以上、5万円以上まで)




後半には


霧島の神ふるい立つ 世界恐慌打破のゴールデンウィーク神業

「大救霊」「特別大救霊、井戸霊・木霊篇」
★2012年5月3日(木・祝)~4日(金・祝)
★本会場:ベルサール新宿グランド
★全国一斉に衛星放送でお届けします!

第1段階・・・5千円以上ご随意
第2段階・・・1万円以上ご随意
第3段階・・・2万円以上ご随意
第4段階・・・3万円以上ご随意
最終段階・・・5万円以上ご随意
申込者全員に「不動明王の邪気払いボールペンが授かります。



「先天の星差しかえ神徳祈祷」

★2012年5月5日(土・祝)~6日(日)
★本会場:ベルサール新宿グランド

★「星さしかえ」は特別に10万円以上ご随意までの式階が許されています。


(※下線部は元・会員 参考資料平成15年(2003年)5月19日半田晴久陳述書、同年7月29日半田晴久証人尋問内の主張はこちら






…といった、宗教団体ワールドメイト以外では世界のどこでも受けられない、会員だけが神にお許しを頂いた、世にも有難き公式(有料)催事が開催されていますが、その


    証(あかし)


なのでしょうか、

週刊新潮様が現在では宗教団体ワールドメイトの複数の関連法人に理事として就任している歌手の小林旭氏との関係を記事にされて以来、およそ3年ぶりとなる、一般メディア様によるワールドメイトに関する報道が昨日ありました。


以下の通りです。


拡大できます
小沢と「蜜月」ワールドメイトの資金力:FACTA+online_convert_20120505093818


小沢と「蜜月」ワールドメイトの資金力
2012年5月号 POLITICS
PRINT
SHARE

201205_079_1 深見東州教祖
深見東州教祖


民主党の小沢一郎元代表と新興宗教団体の関係が注目されている。発端は1月3日と10日に2週連続放送されたBS11の「サクセス登龍門」という番組に小沢氏がゲストで出演したこと。ホスト役は半田晴久氏という御仁だが、半田氏には深見東州という別名があり、永田町では名の知られた人物である。というのも深見氏は新興宗教団体「ワールドメイト」の教祖であり、同教団は2010年12月に小沢氏の政治団体のパーティー券を購入するなど、小沢氏の新たなスポンサーと噂されているのだ。番組では、深見氏の質問に小沢氏が終始ニコニコ顔で応じていたのが印象的だった。

同教団のホームページによると、深見氏は「現代の弘法大師」「21世紀のレオナルド・ダ・ヴィンチ」とも言われる「純粋で優しく、万能で天才的な方」だそうだ。同教団は「天照皇大御神をはじめ、八百萬の神々を崇敬する神道系宗教団体」。総本部は静岡県伊豆の国市で、11年7月現在の会員数は約7万2千人。日本全国に183カ所の支部があり、米国、英国など世界にも10カ所の支部を持つという。

インターネットなどによると、同教団は神社としての宗教活動のほか、全国の神社参拝、エンターテインメント的な要素が強い講演会、先祖供養や救霊、コンサートなどの芸術活動、チャリティーなどの慈善事業などを行っているという。

一方、週刊誌などでは、深見氏にセクハラされたという元女性会員による訴訟が起きたり、別の元会員からは財産を奪われたと損害賠償請求をされたり、逆に、宗教法人の認証を与えない監督官庁の静岡県を訴えるなどたびたび取り上げられてきた。

同教団が小沢氏の政治団体「小沢一郎政経研究会」の政治資金パーティー券を購入したのは10年12月1日。金額は100万円で、収支報告書には同教団の代表者として半田氏の名前が記載されている。

小沢氏と深見氏の出会いは数年前で、2人の関係が永田町で初めて話題になったのは11年1月のことだった。小沢氏が信心深いという話はついぞ聞かない。その小沢氏が、10年末から突然、神社仏閣参りをした。「親しくしている深見氏に勧められたからではないか」と、永田町では囁かれた。

10年末から11年正月にかけて小沢氏は川崎大師や熊野本宮大社などを参拝。1月5日には東京・台東区の下谷神社、文京区の湯島天神をはしごした。川崎大師は厄除けで有名だが、小沢氏は密教儀式の護摩に参加したという。小沢氏が神社仏閣を参拝するのは珍しく、「自分の裁判のことを神頼みしたのではないか」と揶揄する向きもあった。

なお同教団は小沢氏のほか、国民新党の政治資金団体にも3千万円献金している。国民新党前代表の亀井静香氏が深見氏と親しいという。長引く不況の中、年間2千万円を超える大口献金企業・団体は前年の17から7に激減したが、同教団は1位の日本自動車工業会、2位のトヨタ自動車、3位の日本電機工業会、4位の日本鉄鋼連盟といった日本を代表する企業や団体に伍し、5位にランクインしている。

本誌の取材に対してワールドメイトは「小沢先生から生きた政治を学びたいと思い、(パーティーに)勉強しに行かせていただいたもので、選挙応援等は行っていない」と答えている。





…FACTA様が昨日5月4日の午後1時過ぎにtwitter上で上記記事の公開を告知されたところ、あっという間に10人以上の方々によってRTされ現在も絶賛拡散中であり、


20120504 factaonline



gooニュース様もこの記事を取り上げられ、

http://news.goo.ne.jp/article/facta/politics/20120504-02-00-facta.html

これをワールドメイトの現元会員ブロガーよりも早く一般人ブロガーの方々が既に取り上げていて、

既存のメディア様によってワールドメイトの素晴らしさが社会に広く伝えられるのは、前述しましたが週刊新潮様以来3年振りのことであり、大変感慨深いです。

さてFACTA様の記事の内容ですが、拙ブログ次記事にて検証させていただきます。








  1. 2012/05/05(土) 17:12:17|
  2. ワールドメイトに関する報道
  3. | コメント:27

【緊急告知】巨大掲示板2ちゃんねるの「ニュース速報+」板に宗教団体ワールドメイトと半田晴久博士こと深見東州教祖のお名前の入ったスレッドが登場!【4万人達成最後の大チャンス!】

宗教団体世界中に愛をワールドメイトと教祖深見東州こと半田晴久博士ことレオナルドTOSHUこと戸渡阿見氏のお名前が、12月8日現在、巨大掲示板2ちゃんねるの最新ニュースを扱う「ニュース速報+」板に登場しています。日刊ややカルト新聞様の記事にてスレッドが立っています。


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1291808231/1(拡大できます)


12月3日、東京・日比谷で統一協会(統一教会)系団体
「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」が約3000人(主催者発表)の
決起集会を開き、国会に向けて請願デモを行いました。集会では
青山丘・元衆議院議員(国民新党)が挨拶に立ち、
国会請願では吉田公一衆議院議員(民主党)と
下地幹郎衆議院議員(国民新党)が請願書を受け取りました。

デモ隊は衆議院面会受付所の前で、国会議員に請願書を手渡しました。
受け取ったのは、民主党の吉田公一衆議院議員本人と国民新党の下地幹郎幹事長の秘書です。
民主党・有田芳生参議院議員の『酔醒漫録』によると、いま民主党は議員個人で
請願を受付けることはなく、「陳情要請対応本部」で処理することになっており、
吉田公一議員はこの手続きを行っていなかったといいます。

<吉田公一議員が国会前で「陳情書」を受け取ったのは党内ルール違反なのである。>(『酔醒漫録』より)
<衆議院の議員面会所受付けによると請願受付けは政党としては国民新党だけ。>(『酔醒漫録』より)
吉田議員は民主党内のルールに背いて請願を受け取ったわけですが、逆に国民新党は、
党として堂々と請願を受け取り、実際に受け取る現場に下地幹事長の秘書が
登場していたわけです。国民新党は、7月の参院選の選挙期間中に亀井静香代表がワールドメイト教祖の深見東州氏と慣れ合っていた党です
(本紙<国民新党・亀井代表、ワールドメイト教祖との共演で選挙活動?>)。

今回も党の幹事長が統一協会にしっかり利用された形です。




創価学会、統一教会、幸福の科学等の大手・準大手の新興宗教の団体名や教祖名は同板でもよく拝見しますが、

つい先月も、実質会員数4万人に期限までに満たなかった件を、神々と唯一交流の出来る半田晴久博士こと深見教祖によると

「 菊 理 姫 様 が お 怒 り 」 

なので、日本海の氷見海岸にて全国の支部長以下が

8  時  間  耐  久  土  下  座

や反省文を「半田博士に提出」などをしたほど、残念ながら弱小系といわざるを得ない規模のワールドメイトやその教祖の半田=深見師のお名前があのようなメジャーな板に出てくることは大変珍しく、

10月から行われているワールドメイト箱根ロングラン神事か、ゴルフの欧州シニアツアーと日本シニアツアーの初の歴史的合同開催Handa Cup Senior Masters(11月25日~28日、賞金総額1億2000万円、埼玉おおむらさきGC)他の各種普遍的宗教活動の ア カ シ かは分かりませんが、

悲願である本格的拡大のチャンスが到来しているかと思われます。

ここは一人でも多くの方に同スレッドに出張していただき、スレッドを維持し、ワールドメイトの存在と素晴らしさを、一人でも多くの一般人の方々に理解していただきましょう。


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1291808231/







  1. 2010/12/08(水) 22:28:07|
  2. ワールドメイトに関する報道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:123

【速報!】やや日刊カルト新聞「国民新党・亀井代表、ワールドメイト教祖との共演で選挙活動?」【恵比寿現地取材!】

前記事
【緊急!】本日7月7日午後7時に宗教団体世界中に愛をワールドメイト教祖深見東州こと半田晴久博士と国民新党亀井静香元金融相が対談【仰天両建】
http://motokaiinn.blog37.fc2.com/blog-entry-250.html


の様子を、


『やや日刊カルト新聞』様が昨夕、恵比寿にて現地取材していらっしゃいます!



2010年7月8日木曜日
国民新党・亀井代表、ワールドメイト教祖との共演で選挙活動?

http://dailycult.blogspot.com/2010/07/blog-post_08.html



宗教団体ワールドメイト深見東州教祖こと半田晴久㈱菱研代表取締役社長と亀井静香元金融相の会談の様子、

取材を試みる『やや』紙に対する菱研側の応対、亀井事務所側の応対、

「ワールドメイト被害救済ネット」事務局長紀藤正樹弁護士のコメント

など盛りだくさんで、







ワールドメイト現元会員の皆様、一般人の皆様、共に必読です!!!






(^^)







  1. 2010/07/08(木) 17:31:01|
  2. ワールドメイトに関する報道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:110

「私立国立大」代表世話人 自宅にて事故死  6月25日② ~ワールドメイト関係者のブログが怒涛の更新(笑)

昨日下記記事をUPしたところ、

「私立国立大」代表世話人 自宅にて事故死  6月25日

昨日中に、まるで慌てたかのように、奴らのブログ(お約束のようにどれもコメント欄を切ってあるのが滑稽)がいくつも更新されています。

そしてそのどれもがN山さんの死について触れていません。

ありえないですね(笑)
追悼コメントすら出せないのは「出さない」のであって、 自分の現在の立場を思いっきり脅かす非常に都合の悪い話だからでしょう、その「全員」にとって。

ここに「ワールドメイト」と入れてブログ検索してみてください
http://www.yahoo.co.jp/
奴らが私のブログの昨日の記事の順位を下げたくてたまらないことがわかります(笑)
なので私もこの記事タイトルをもう一度続け、順位操作に抵抗したいと思います。

さてN山さんですが、私の元には追悼のメッセージがいろいろと寄せられております。
お人柄がしのばれます。
どうもこの方は、あまりに純粋だったゆえに、典型的な釣られ派のエンゼル幹部だったような感じがいたします。

紀藤正樹弁護士の「ワールドメイトに関する議論掲示板」でも何度も申しましたが、
生活互助システムのようなものが見当たらないワールドメイトには、2種類の人間しかいません。

集まった玉串の恩恵に与ることが目的で在籍する人間と、玉串を出すだけの立場で在籍する人間の2種類です。

教祖スタッフは全員前者ですが、
(特にスタッフには神事を積極的にサボったり関心すら持たなかったり、看板である愛念とは真逆の言動をリアルやネット上で展開したり、本来批判が許されない教祖の悪口を平気で内外に言うなど、100%醒めている者も少なくない)

非スタッフの立場に於いては前者と後者が混在してしまっています。

支部長やコミや有名会員で、支部に集うエンゼル会員の気づかぬところで、ワールドメイトとビジネス上の取引があったりあるいは仄めかされていたり、たちばな出版やジャパンペガサスツアーの株を購入して配当などを期待していたり(株主名簿の写しは取得済み)、同じ奉仕をしても有償で生活保障のあるスタッフに登用されるべく痛いスタンドプレー中だったりする人々が実在するのですが、

彼女は到底そんな野心や計算は持ち合わせず、純粋で心清らかな方だったようです。

多分思いっきり煽られ利用されたんですね、
玉串という非課税の金の配分で世界の救済だのなんちゃらではなく  自 分 個 人 の 生 活 向 上 をひたすら目指すずるい連中に。

生前はその清らかさであくどい奴らの企みの隠れ蓑にされ、死後はその事実までも潰されたような気がいたします。

玉串を払うだけの立場で在籍している現会員さんたちは、この事件をオカルト的に捕らえずに、
ワールドメイト関係者の事件の前後の現実の対応だけを良く見て、一度よく考えていただきたいと思います。

  1. 2009/07/01(水) 12:06:21|
  2. ワールドメイトに関する報道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。